学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 資格と進路

資格と進路

資格と進路

医療現場における「薬剤師」の役割は、医療の分業化が進む中、薬品の管理や副作用の確認などにとどまらず業務内容も質的・量的に拡大してきており、今後ますます需要の高まる資格です。

薬学部での正規の課程を修了すれば、
学士(薬学)の学位が与えられ、薬剤師国家試験受験資格を得ることができます。
薬剤師国家試験 試験は年1回3月に行われ、薬剤師として必要な基礎的事項について1)物理・化学・生物,2)衛生,3)法規・制度・倫理,4)薬理,5)薬剤,6)病態・薬物治療,7)実務の7分野に分けて試験が行われます。
その他の試験 薬剤師の資格を取得すると、申請、届け出、講習によって食品衛生監視員、麻薬管理者、毒物劇物取扱責任者、医療品・化粧品・医療用具などの製造所、輸入販売営業責任技術者などの資格を得ることができます。

取得可能な学位

学士(薬学)


資格

薬剤師でなければできない業務
  • 調剤業務
  • 薬局の管理者
  • 一般用医薬品販売業の管理者
  • 医薬品製造販売業の総括製造販売責任者(平成17年施行)
  • 学校薬剤師

薬剤師であれば取得できる資格(業務)
  • 麻薬管理者
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 放射線取扱主任者
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 環境衛生指導員
  • 検疫委員
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)

薬学科系大学を卒業した者が取得できる資格(業務)の例
  • 向精神薬取扱責任者
  • 麻薬取締官(員)
  • 配置販売業開設者
  • 薬事監視員

薬剤師であればその取得に特別の考慮が払われる資格の例
  • 作業環境測定士(第1種,第2種)
  • 公害防止管理者(大気2種,水質2種)
  • 環境計量士(濃度の計量証明)
  • 労働衛生コンサルタント受験資格

卒業後の進路

病院医薬品の管理、調剤、情報提供、副作用の確認などを行う薬剤師として活躍する
薬局・ドラッグストア地域の薬局での調剤・管理・販売など地域の住民の健康管理に貢献する
製薬会社医薬品の研究・開発・製造・営業(MR)など国民の健康維持に貢献する
CRO・SMO試験研究受託機関で、新薬開発に貢献する
食品・環境関連薬事の専門知識を生かし、国民の保健衛生に貢献する
教育・研究者大学院進学や各種研究機関での研究職など医療の発展に貢献する
薬事行政公務員として衛生管理や安全対策など国民の福祉に貢献する

平成28年度 卒業者進路状況一覧

就職先 男子 女子 合計
保険薬局 22 15 37
病院 12 9 21
ドラッグストア 0 5 5
製薬業 0 1 1
公務員 1 2 3
進路未定者 15 7 22
合計 50 39 89