大学概要

HOME > 大学概要 > 理念・目的・教育目標

理念・目的・教育目標 3つのポリシー


心はみがかれて、文化となる

理念

高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する。


目的

奥羽大学は、教育基本法(昭和22年法律第25号)並びに学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づき、広く知識を養うと共に、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を育成し、国民の福祉と文化の発展に寄与することとし各学部のその目的は、次の各号のとおりとする。

  1. 歯学部は、高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな歯科医師を養成することを目的とする。
  2. 薬学部は、高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな薬剤師を養成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

下記に掲載している薬学部のポリシーは旧カリキュラムとなります。
新カリキュラムについてはこちらのPDFでご確認ください。
歯学部

本学の建学の理念は「高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する」です。医療従事者は医学的知識や医療技術の修得にとどまらず、人間性と道徳観や倫理観を持って他者とのコミュニケーション能力を高め良好な人間関係を築くことが大切です。また、社会環境の変化やニーズに対応するために、自ら課題を探求して解決する能力や多職種連携に関わる知識と応用力も必要になります。さらに、人として他者を尊重し思いやる心と生涯にわたり歯科医師を貫く強い志を持ち、社会に貢献できる歯科医師を目指すことが必要となります。
 歯学部では、次のような資質を備えた入学者を求めています。

1.求める人物像
  1. 国民の健康の保持・増進に役立ちたいという志を持っている。
  2. 生命を尊重し他者を思いやる心を持っている。
  3. 地域医療を支える意識を持っている。
  4. 歯科医師という職業に魅力を感じ、その仕事に携わりたいという強い希望と意欲を持っている。
  5. 歯科医師として、生涯にわたって自己研鑽を続けるための強い意志を持っている。

2.入学前に身に付けていることが望まれる知識など
  1. 入学後の学修に必要な基礎学力(国語、英語、数学、理科)を有している。
  2. 基本的なコミュニケーション能力を発揮するための基礎的な知識・態度を有している。

□入試区分別アドミッションポリシー

●AO入学試験

歯学部のアドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 歯科医療を通して社会に貢献したいという強い意欲がある。
  2. 将来、自らが目指す歯科医師像が明確である。 

●同窓特別入学試験

歯学部のアドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 本学歯学部の教育環境を十分に理解している。
  2. 将来、自らが目指す歯科医師像が明確である。

●推薦入学試験

歯学部のアドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 本学で歯科医学を学ぶことを強く希望している。
  2. 歯科医療を通して社会に貢献したいという強い意欲がある。

●特待生選抜入学試験

歯学部のアドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 特に理数系科目と英語において、優れた学力水準にある。
  2. 指導的立場に立って歯科医学・歯科医療を支える意識を強く持っている。

●一般選抜入学試験

歯学部のアドミッションポリシーに合致する入学者を求めます。


●編入学試験(第2・3・4年次編入)

歯学部のアドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 歯科医師になりたいという強い希望を持っている。
  2. 本学で歯科医学を学ぶことを強く希望している。
  3. 歯科医療を通して社会に貢献したいという強い意欲がある。

薬学部

本学の建学の理念は「高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する」です。 薬学部では、その具現化のために薬剤師としての必要な知識と技術の修得だけにとどまらず、 他者とのコミュニケーションを積極的に行うトレーニングを通し、人間性と道徳観や倫理観を 育んでいきます。また、進歩していく社会やニーズの変化に対応するためには、常に課題を探 究し、解決するまで研鑽し続ける力をつけることが必要となります。

本学部では、高等学校等における幅広い学習を通じて、次のような資質を備えた入学者を求めています。


1.求める学生像
  1. 国民の健康の維持・増進に役立ちたいという志を持っている。
  2. 生命を尊重し他者を思いやる心を持っている。
  3. 地域医療を支える意識を持っている。
  4. 薬剤師という職業に魅力を感じ、その仕事に携わりたいという強い希望と意欲を持っている。
  5. 薬剤師として、生涯にわたって自己研鑽を続けるための強い意志を持っている。

2.入学までに身に付けてほしいこと
  1. 入学後の学修に必要な基礎学力(国語、英語、数学)を有している。
  2. 高等学校までの理科3科目(物理、化学、生物)の中で1科目以上について、その内容を身に付けている。
  3. 基本的なコミュニケーション能力を発揮するための基礎的な知識・態度を身に付けている。

□入試種別アドミッションポリシー

●一般入試

薬学部のアドミッションポリシーに合致する入学者を求めます。


●AO入試

アドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 高等学校での学習に限らず、課外活動や社会活動など様々な活動に対し積極的な態度で参加している自らの活動実例を表現できる。

●推薦入試

アドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 高等学校で学ぶ基本的学科目、特に理数系科目について、優れた学力水準にある。
  2. 知的好奇心が旺盛で、新しい課題に積極的に取り組むことができる。

●特待生入試

アドミッションポリシーに加えて、下記の資質を有する入学者を求めます。

  1. 高等学校で学ぶ基本的学科目、特に理数系科目について、優れた学力水準にある。
  2. 知的好奇心が旺盛で、新しい課題に積極的に取り組むことができる。
  3. 将来、薬剤師として指導的立場に立って社会に貢献したいという意欲を有する。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

歯学部

ディプロマポリシーに掲げる知識・技能・態度などの能力を修得するために、歯学部では6年一貫とした以下の方針でカリキュラムを編成しています。

  1. 人間性豊かで優れた歯科医師を育成するために、大学で学ぶ目的を明確化し、医療人としてのコミュニケーションに必要な基本的態度・知識・技能を修得する必要があり、第1学年~第3学年では、この一貫した共通目標を持たせた「歯科医療人間学」を設けています。また患者の立場と背景を理解し道徳観や倫理観を涵養するために、第1学年と第2学年で「リベラルアーツ」を履修します。さらに医療に対するニーズや問題を探求し、それを解決する力を身に付けるために、第1学年~第3学年では、アーリーエクスポージャーを踏まえた「医学概論」を取り入れています。
  2. 生涯にわたり歯科医師として自己開発に努める習慣を身に付けるために、第1学年~第4学年では、学年や基礎、臨床を問わず学生自身が興味を持つ分野を選択し出向して学修できる「エレクティブ・スタディ」を取り入れています。
  3. 各学年における総合的な知識を確認するために、第1学年ではチーム医療学演習および総合歯学演習1D、第2学年では総合歯学演習2D、第3学年では総合歯学演習3D、第4学年ではCBT総合講義、CBL演習、臨床総合演習、第5学年では基礎系科目試験、全科必修試験、臨床実習総合試験(5D)を行います。また、第1学年~第3学年の履修科目では、各科目の到達目標に対して学生間に差が生じないよう、目標達成度の低い学生を対象に少人数で強化的に学修する「科目選択ゼミナール」を取り入れています。
  4. 歯科口腔疾患の病態の解析と治療概念を把握し、診断と適切な治療計画を立案するために、第1学年と第2学年では「理科」を学んで「理科実験」を行い、第2学年と第3学年では基礎系科目による「歯科基礎医学」と「歯科基礎医学実習」、「歯科基礎病態学」と「歯科基礎病態学実習」、「歯科基礎病態治療学」と「歯科基礎病態治療学実習」を履修し、第3学年と第4学年では臨床系科目による「歯科口腔診断学」、「歯科口腔診断治療学」と「歯科口腔治療学実習」を履修するように編成しています。これにより第1学年~第4学年で履修する理科、基礎系科目、臨床系科目が順に取り組めます。
  5. 先進的で高度な歯科医療技術を身に付け、さらに超高齢社会のニーズに対応し、地域特性を踏まえた包括医療を実践するプロフェッショナルになるために、第5学年では臨床実習(診療参加型)と基礎系科目を再度履修するためのEvidence research研修、他職種連携を学ぶためのMedical Team研修や社会福祉施設、介護老人保健施設での学外研修を取り入れています。
  6. 歯科医師になるために必要な知識と技能を再確認するために、第6学年では歯科医師国家試験出題基準に則った授業時間を各科目に割り当て、臨床総合講義を行います。

薬学部
  1. 教養科目を通して、専門性に偏らない幅広い視野と豊かな人間性、倫理観を持つ学生を育成する
  2. 専門科目を通して、専門的な知識や技能を高め、歯科医師や薬剤師としての確かな基礎を持つ学生を育成する
  3. 実習を通して、課題探求能力を養い、知識に裏付けられた実践能力のある学生を育成する
  4. 臨床実習(実務実習)を通して、医療人としての人間性・倫理観はもとより、知識・技能・態度などの総合的な能力のある学生を育成する

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する基本的な方針)

歯学部

歯学部は、本学の目的と教育目標とに基づく教育課程を通じて、以下のような能力を身に付け、かつ所定の単位を修得し、卒業試験に合格した者に対し卒業証書を授与し、卒業した者に対し学士(歯学)の学位を授与します。

  1. 倫理とコミュニケーション
    ・患者の立場や背景を理解し、思いやりを持った言動ができる。
    ・患者との良好な関係を構築し、自己決定の権利の尊重と個人情報の厳守ができる。
  2. 探求力と解決力
    ・医療に対して社会や環境が求めるニーズや問題を探求し、迅速かつ的確に解決で きる。
  3. 病態解析と治療概念
    ・病態を解析し、治療の要素を把握できる。
  4. 知識と診断
    ・歯科口腔疾患を診断し、適切な治療計画を立案できる。
  5. 技能と治療
    ・歯科医療技術を身に付け 、先進的で高度な歯科医療を実施できる。
  6. 奥羽プロフェッショナリズム
    ・超高齢社会の問題と課題を分析し、ニーズを抽出して解決策を立案できる。
    ・地域特性を踏まえた医療連携を構築し、他職種とともに包括医療を実践できる。
    ・生涯にわたり歯科医師としての自己研鑽に努めることができる。

薬学部

本学の教育課程においては、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 国家試験に合格し、卒業後に薬剤師として活躍するに必要な知識・技能・態度を修得している学生
  2. 修得した知識・技能・態度により、新たな課題に向かって日々努力する能力を持つ学生
  3. 豊かな人間性、倫理観とコミュニケーション能力を持ち、保健・医療・福祉分野等に貢献できる学生