キャンパスライフ

HOME > キャンパスライフ > カウンセリング

カウンセリング

カウンセリング室は、皆さんが生活のなかで出会う、迷ったり、困ったり、わからなかったりすることの相談に応じ、充実した生活がおくれるようお手伝いするところです。

「こんなことなんかで」とか、「恥ずかしくて」などと、一人で苦しんでいないでどうぞ気軽にカウンセリング室を訪ねてみてください。カウンセラーが、あなたといっしょに考えます。


たとえばこんなことで…

■学業 ■サークル ■進路 ■家族 ■将来のこと ■対人関係 ■恋愛や性の悩み ■自分自身のこと
■心や身体の健康 など

その他、どのようなことでも自由に相談してください。必要に応じて、関係機関への橋渡しもいたします。


相談したいとき…

直接、カウンセリング室にいらしてください。友人や家族と一緒にいらしても結構です。

電話や手紙による相談や予約も受付けています。

カウンセリング室のドアに「相談希望表」を貼っておきますので、カウンセラーがいなかったり、面接中の場合、希望の日時の欄に○印を記入しておいてください。名前は記入しなくて構いません。

カウンセリング室 薬学実習棟3階 TEL 024-932-9123(直通)

アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントの防止

アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントの被害を受けることなく、充実した学生生活を送れるよう、奥羽大学ハラスメント防止委員会が支援します。委員会は、学内外のあらゆる場面において、本学に所属する学生・教職員が関与するすべてのアカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントを対象として扱います。


アカデミック・ハラスメントにあたる行為

教員等の権威的または優越的地位にある者が、意識的であるか無意識的であるかを問わずその優位な立場や権限を利用し、または逸脱して、その指導等を受ける者の研究意欲および研究環境を著しく阻害する結果となる、教育上不適切な言動、指導または待遇を行うことを指します。


パワー・ハラスメントにあたる行為

職務上優越的地位にある者が、意識的であるか無意識的であるかを問わず、その地位および職務上の権限を利用し、または逸脱して、その部下や同僚の就労意欲および就労環境を著しく阻害する結果をもたらす不適切な言動、指導または待遇を行うことを指します。


アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメントの被害にあったら

アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメント被害の救済ならびに問題解決のために、ハラスメント防止委員会に相談窓口を設置し迅速かつ適切に対応します。苦情や相談のある方は、カウンセラーもしくはハラスメント防止委員会委員に相談してください。

アカデミック・ハラスメント及びパワー・ハラスメント防止委員会委員
氏名 所属 内線 所属地
高橋 慶壮 歯学部 2521 病院棟5階
馬場 優 歯学部 2519 病院棟5階
花岡 洋一 歯学部 7801 解剖学棟1階
車田 文雄 歯学部 5348 薬学実習棟3階
竹元 万壽美 薬学部 7615 薬学部棟6階
伊藤 徳家 薬学部 7618 薬学部棟6階
伊藤 頼位 薬学部 7626 薬学部棟6階
佐藤 亜希子 薬学部 7527 薬学部棟5階
佐藤 和義 薬学部学事部 8125 記念講堂1階
設楽 民雄 歯学部学事部 8132 記念講堂1階
平成29年4月1日現在
※委員に直接連絡していただいて結構です。
TEL / 024-932-8931(代)
カウンセリング室(薬学実習棟3階)
TEL/024-932-9123、024-932-9105

セクシュアル・ハラスメント防止委員の連絡先

セクシュアル・ハラスメントの被害を受けることなく、公平で安全な環境で教育、研究、勉学及び就業ができ、また、学生生活を送れるよう、奥羽大学セクシュアル・ハラスメント防止委員会が支援します。委員会は、学内外のあらゆる場面において、大学に所属する教職員・学生が関与するすべてのセクシュアル・ハラスメントを対象として扱います。


セクシュアル・ハラスメントにあたる行為
対価型セクシュアル・ハラスメント

教育、研究、勉学、学生生活及び就業などの場において、教育・研究指導や成績評価、単位取得、昇格、昇進、人事評価などへの見返りとして、相手の意に反する性的関係を要求したり、従わなかった場合に不利な取扱いを行ったりする行為をさします。


環境型セクシュアル・ハラスメント

相手を性的、性差別的な言動により不快にさせ、教育、研究、勉学、学生生活及び就業環境を悪化させる行為をさします。これみよがしに裸の写真を掲示する、性的な話題をいやがる女性の前で話す、女性の容姿を話題にする、しつこくデートや食事に誘う、髪・肩・胸・腰など身体に触る、洗面所・更衣室などの前で身体の一部をじっと見つめる、性的な電話・メールを送る、性的にふしだらなどと悪質な噂を流す、お酒の酌やデュエットを強要するなどの行為がこれにあたります。

※ジェンダー・ハラスメントにあたる行為も相談の対象とします。
これは、性別役割分担意識や性的な差別意識に基づいて行われる行為をさします。お茶くみ・後片付けを女性の仕事とする、重要な仕事を女性にまかせない、女は早く結婚した方が良いと話す、女のくせに(男のくせに)と発言するなどの行為。


セクシュアル・ハラスメントの被害にあったら

委員会の委員は相談員も兼ねています。この中には、カウンセラー、医師、看護師など専門性の高い職員も含まれ、相談のあらゆる場面に対応できるような体制をとっています。さらに、これらの委員はセクシュアル・ハラスメントに関する研修を受けており、被害を受けたみなさんからの相談に誠意をもって対応します。もし、何らかのセクシュアル・ハラスメント被害を受けた時は、セクシュアル・ハラスメント防止委員会の委員へ相談して下さい。


セクシュアル・ハラスメント防止委員
氏名 所属 内線番号 所属地
車田 文雄 歯学部 5348 薬学実習棟3階
鈴木 恵子 歯学部 3321 基礎棟3階
佐藤 穏子 歯学部 2335 病院棟3階
鈴木 敏城 歯学部 5349 薬学実習棟3階
板橋 仁 歯学部 2344 病院棟3階
小池 勇一 薬学部 7414 薬学部棟4階
大島 光宏 薬学部 7514 薬学部棟5階
中村 郁子 薬学部 7522 薬学部棟5階
志村 紀子 薬学部 7624 薬学部棟6階
佐藤 亜希子 薬学部 7527 薬学部棟5階
佐久間 隆道 総務部 8114 記念講堂1階
谷代 尚人 薬学部学事部 8128 記念講堂1階
佐藤 夏美 図書館 5112 図書館
渡部 敏恵 病院医療部 2451 病院棟4階
平成29年4月現在
※委員に直接連絡していただいて結構です。
※初めの相談は、希望する委員名と連絡先(電話番号、メールアドレスなど)をお知らせください。委員から折り返し連絡いたします。
TEL / 024-932-8931(代)
カウンセリング室(薬学実習棟3階)
TEL / 024-932-9123、024-932-9105
事務局
総務部総務課
窓口担当:佐久間 隆道(内線8114)
FAX / 024-991-7816
E-mail / sekuhara@jim.ohu-u.ac.jp