新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 本多真史講師(歯学部:日本語学)が、「高齢者傾聴スペシャリスト」に認定されました

本多真史講師(歯学部:日本語学)が、「高齢者傾聴スペシャリスト」に認定されました

2020.05.22

 本多真史歯学部講師が、高齢者傾聴スペシャリスト検定試験に合格し、認定を受けました。
 医療現場において、傾聴は欠かすことのできないスキルであり、円滑なコミュニケーションを図る際の基本となります。また傾聴は、話し手の承認の欲求を満たし、精神的なケアをすることにもつながります。本多講師は、「傾聴のスペシャリストとして、その技術・技能を学生に教授しつつ、工夫された授業を展開していきたい」と考えているようです。