新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 大学院特別研修セミナーの開催

大学院特別研修セミナーの開催

2019.10.07

 令和元年度第1回大学院特別研修セミナーが、10月4日(金)に第3講義棟332教室で開催されました。講師は京都大学大学院医学研究科教授、福島県立医科大学副学長の福原俊一博士で、「デザインが研究の質を決定する」と題した講演でした。福原博士は臨床研究の国際的なトップランナーでもあり、臨床研究を行う上で最も重要な要素は研究のデザインであり、デザインが甘ければ、質の高い臨床研究を行うことはできないことを力説されていました。セミナーには、歯学部及び薬学部教員と大学院生の計113名が参加しました。