新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 本多真史講師(歯学部:日本語学)の研究活動がNHK「おはよう日本」で放送されました

本多真史講師(歯学部:日本語学)の研究活動がNHK「おはよう日本」で放送されました

2017.08.22

○放送番組
 避難指示解除の町・「方言」で元気に
 -2017年8月18日 NHK総合「 おはよう日本」にて全国放送-


○内容
 福島県双葉郡楢葉町は、福島第1原子力発電所事による避難指示が解除されてから、来月で2年になります。現在、避難先から町に戻った住民は4分の1程度であり、地域の暮らしは元の姿を取り戻すに至っていません。「楢葉町に伝わる独特の方言が存続の危機にある」として、地元の大学が調査に乗り出しました。
 2017年8月7日(月)~8日(火) の2日間、福島県双葉郡楢葉町の老年層を対象に方言談話調査が行われ、本多真史歯学部講師も共同研究者として参加しました。
 この調査には、「福島県相双方言の記録と継承」という目的がありますが、他方、「傾聴支援」の目的もあります。調査に協力してくれた女性は、「皆さんと話すことで元気になった」と、調査の終わり頃に笑顔を見せていました。
 本多真史歯学部講師は、「マイナスの心情からプラスの心情へと変化していく様子が、明確に見られた。お年寄りは話すことを非常に欲している。」と話していました。