大学概要

HOME > 大学概要 > 学長挨拶

学長挨拶

学長:清野 和夫
学 長
清野 和夫

「環境が人をつくる」と言います。「環境」には、校舎、施設、設備など「物」の環境、学生、教職員など「人」の環境、キャンパスの緑豊かな「自然」の環境があり、これらが備わって初めて「学びの環境」と言えます。奥羽大学は、緑あふれる広大なキャンパスのなかに、充実した施設と先進機器を備え、優れた教授陣が皆さんを歯科医師、薬剤師に育成する「学びの環境」を整えています。

奥羽大学の建学の理念は「人間性豊かな人材の育成」です。歯科医師、薬剤師は、「病める、弱れる患者さん」と向き合うために、他人を思いやる心、すなわち患者さんの気持ちがわかる「豊かな人間性」を養わなければなりません。また、社会性に優れ、良好な人間関係を築き上げ、他人から信頼されることが求められます。歯科医師、薬剤師である前に、人間としての「真の精神」を持たなければなりません。奥羽大学は、歯科医師、薬剤師としての知識と技能に加えて、「豊かな人間性」と「真の精神」が身に就く教育を行います。

わが国は、世界に例をみないスピードで高齢化が進んでいます。国民の健康に対する意識が高まり、健康長寿であることを願う一方で、介護を必要とする高齢者が増加するといった社会現象が生まれています。健康であるときはもとより、介護を受けるようになってからも、人は「口から食べる喜び」を求めるものです。食物を「飲み込みやすい」ように「よく噛みくだく」、それを手助けするところに歯科医師としての仕事があります。薬剤師は、医薬品についての幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。薬を調剤し、薬の飲み方を説明するほか、入院している患者さんや介護を必要とする高齢者に寄り添い、薬の相談にのるところに薬剤師としての仕事があります。超高齢社会では、歯科医師、薬剤師の必要性が益々増えていくことでしょう。

歯科医師、薬剤師を志す皆さん、奥羽大学は、先進の設備、機器を備えた教育環境を整え、教授陣が一丸となって皆さんの希望がかなえられるよう渾身の力で支援いたします。