歯学部

HOME 歯学部 講座紹介 歯周病学

講座紹介

歯科保存学講座 [歯周病学]


沿革及び特徴

歯科保存学講座歯周病学分野は旧歯科保存学第一講座を前身として、平成16年に開設されました。歯科保存学講座には他に保存修復学分野と歯内療法学分野があり、大講座制をとっています。

歯周病学の教育は第1学年の歯科医学概論(分担)および歯科臨床概論、第4学年の歯周病学ならびに歯周病学実習、第5学年の臨床実習(分担)および第6学年の歯周病学において行われます。

歯周病学は、歯周ポケット内に棲息する嫌気性細菌群の複合感染による慢性炎症によって歯周組織の破壊が進行する病態を診断し、疾患の進行度および活動度に応じた治療と予防を取扱う臨床歯学教育の一分野です。診療は附属病院の総合歯科診療室三階で行われています。臨床推論、一口腔単位の診断に基づいて、患者様に最適な治療を提供することを心掛けています。また、重度歯周病患者に対しては歯周組織再生療法、歯周補綴、口腔インプラント治療を含めた包括的歯周治療を行なっています。


主な研究
  1. 歯周病学における細胞生物学、分子生物学的研究および疫学研究
  2. 口腔内好中球の細胞死および細胞内シグナル伝達のメカニズム解析
  3. 歯周病の病態を複雑系の理論から解析する研究
  4. マイクロCTを用いた根管系の拡大形成に関する研究
  5. 歯周病患者のインプラント治療およびインプラント周囲疾患に関する疫学研究

構成員紹介
高橋 慶壮
タカハシ ケイソウ
教授
山﨑 厚作
ヤマザキ コウサク
助教

所属学会・団体名
  • 日本歯周病学会(理事:高橋慶壮)
  • 日本歯科保存学会(理事:高橋慶壮)
  • 日本顎咬合学会(指導医:高橋慶壮)
  • 日本歯内療法学会
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本顕微鏡歯科学会(評議員:高橋慶壮)
  • 東北地区歯科医学会
  • American Academy of Periodontology
  • International Association for Dental Research

その他

著書

  1. 高橋慶壮 (翻訳 分担) 侵襲性歯周炎の分類と診断 歯周病およびインプラント周囲組織の疾患と状態における新分類  アメリカ歯周病学会/ ヨーロッパ歯周病連盟 共催 2017 ワールドワークショップ会議録 クインテッセンス出版 2020年10月.
  2. 高橋慶壮 (分担) 27章 歯周補綴  p281-288  臨床歯周病学 第3版 編集  村上伸也、申 基喆、 齋藤 淳、山田 聡  2020年2月.
  3. 高橋慶壮 (分担) chapter 5 歯科用CBCTの歯周疾患への臨床応用 p63-72 決定版 実践マニュアル 歯科用CTの見かた・読みかた 続・今さら聞けない歯科用CBCTとCTの属像法 編著 森本泰宏、金田 隆、鱒見進一 クインテッセンス出版 2019年 9 月.
  4. 高橋慶壮 (編者) 歯周病患者における口腔インプラント治療指針およびエビデンス2018 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 2019年 3月.
  5. 高橋慶壮 (分担) リスクファクターの各論、歯内と歯周病変の関係、歯周組織再生療法第3版 ザ・ペリオドントロジー 永末書店 2019年2月.
  6. 高橋慶壮(分担)第5版 ポイントチェック 歯科衛生士国家試験対策③ Ⅳ編 臨床歯科医学 歯・歯髄・歯周組織の疾患と治療 歯内療法 p64-86. 歯科衛生士国家試験対策検討会 編 医歯薬出版株式会社 2018年1月.
  7. 高橋慶壮 (単著) 考えるペリオドンティクス -病因論と臨床推論から導かれる歯周治療- クインテッセンス出版 2018年4月.
  8. 高橋慶壮 (分担) ファイルを用いた根管形成 マストオブ・リトリートメント 北村和夫 編著 デンタルダイヤモンド社 2018年8月.
  9. 高橋慶壮(分担) 患者さんに語るシンプル歯周治療 医歯薬出版株式会社 2016年3月. 
  10. 高橋慶壮 (単著) 考えるエンドドンティクス ―根管形成と根管充填の暗黙知と形式知― クインテッセンス出版 2015年.
  11. 高橋慶壮(単著)  歯内療法における臨床思考の技術 デンタルダイヤモンド社 2014年.
  12. 高橋慶壮(分担) 歯内療法 成功への道  偶発症・難症例への対応 ―病態・メカニズムから考える予防と治療戦略  ヒョウロン・パブリッシャー 2014年3月. 
  13. 高橋慶壮(分担) 歯肉と骨の状況に応じた二次手術のバリエーションと注意点 p74-77.  インプラントデンィストリー エンサイクロぺディア クインテッセンス出版 2014年12月.
  14. 高橋慶壮(分担)ザ・ペリオドントロジー 第2版  編集 和泉雄一、木下淳博、沼部幸博、山本松男  永末書店 2014年3月.
  15. 高橋慶壮(分担)歯内療法 成功への道  偶発症・難症例への対応 病態・メカニズムから考える予防と治療戦略― 〈編著〉木ノ本 喜史 ヒョーロン 2014年3月.
  16. 高橋慶壮(分担)p128-136 Dd隣接医学シリーズ 妊産婦と歯科治療 滝川雅之 編・著 1-175, 2012  8月1日 デンタルダイヤモンド社. 
  17. 高橋慶壮(分担) 第33章 歯周補綴 316-323  臨床歯周病学第2版 医歯薬出版 2013年1月.
  18. 高橋慶壮(分担) 歯内療法学専門用語集 医歯薬出版 2013年3月25日
  19. 高橋慶壮 (単著) 歯周治療 失敗回避のためのポイント33 ―なぜ歯周炎が進行するのか、なぜ治らないのかー  クインテッセンス出版株式会社 2011年.
  20. 高橋慶壮 (分担)インプラント周囲炎のリスクファクターとしての歯周病 インプラント時代の歯周マネジメント Dental Diamond 増刊号 p101, 2011.
  21. 高橋慶壮 吉野敏明 (編著) エンド・ペリオ病変の臨床 歯内-歯周複合病変 診断と治療のストラテジー  1~215. 編集 医歯薬出版株式会社 2009年.
  22. Papantonopoulos GH, Takahashi K. A model for periodontal disease progression with cementum as a strange attractor. Research Focus on Smoking & Women's Health  Katherine P Tolson & Emily B Veksler (eds)  Nova Science - 2008.
  23. 高橋慶壮 (単著) 歯内療法失敗回避のためのポイント47 -なぜ痛がるのか、なぜ治らないのかー   クインテッセンス出版株式会社 2008年

 

学術論文 (2011年以降)

  1. Baba Y,  Takahashi K and Yasumasa Kato Y.  The Management of Periodontitis Patients Should not be Postponed During the COVID-19 Era.  Online Journal of Dentistry & Oral Health. 2022. DOI: 10.33552/OJDOH.2022.05.000614.
  2. Funakawa T,Kawanabe H, Usami A, Takahashi K,  Kato Y, Baba Y. The importance of early detection for postoperative maxillary cyst before dental implantation: A case report. Int. J. Surg. Case. Rep, 86: 106370, 2021. 
  3. 高橋慶壮 山﨑幹子. 総説 歯周病患者に対する口腔インプラント治療の科学知と実践知の融合を目指して  日本口腔インプラント学会誌 第34巻3号 199-205, 2021.
  4. Takahashi K, Yamazaki K, Suzuki-Yamazaki M, Ito H and Baba Y.  Different management for patients with two types of chronic rhinosinusitis for their oral implant therapy.  Advances in Dentistry &Oral Health.  2021 DOI: 10.19080/ADOH.2020.12.555894
  5. Nomura Y, Morozumi T, Fukuda M, Hanada N, Kakuta E, Kobayashi H, Minabe M, Nakamura T, Nakayama Y, Nishimura F, Noguchi K, Numabe Y, Ogata Y, Saito A, Sato S, Sekino S, Sugano N, Sugaya T, Suzuki F, Takahashi K, Takai H, Takashiba S, Umeda M, Yoshie H, Yoshimura A, Yoshinari N, Nakagawa T: Optimal examination sites for periodontal disease evaluation: applying the item response theory graded response model. J Clin Med. 2020 Nov 21;9(11):3754. doi: 10.3390/jcm9113754.
  6. Nomura Y, Morozumi T, Saito A, Yoshimara A, Kakuta E,  Suzuki F, Nishimura F, Takai H, Kobayashi H, Noguchi K, Takahashi K, Tabeta K, Umeda M, Minabe M, Fukuda M, Sugano N, Hanada N, Yoshinari N, Sekino S, Takashiba S, Sato S, Nakamura T, Sugaya T, Nakayama Y, Ogata Y, Numabe Y,  Nakagawa T: Prospective longitudinal changes in the periodontal inflamed surface area following active periodontal treatment for chronic periodontitis. J. Clin. Med. 10, 1165 2021.
  7.  Nomura Y, Morozumi T, numabe Y, Ogata Y, Nakayama Y, Sugaya T,  Nakamura T, Sato S, akashiba S, Sekino S,Yoshinari N, Hanada N,Sugano N, Fukuda M, Minabe M, Umeda M, Tabeta K, Takahashi K, Noguchi K, Kobayashi H, Takai H, Nishimura F, Suzuki F, Kakuta E, Yoshimura A, Saito A, Nakagawa T.    Estimation of the periodontal inflamed surface area by simple oral examination. J Clin Med.  10(4): 723, 2021.  
  8. Suzuki-Yamazaki M, Takahashi K, Takada S, Kato Y and Baba Y. A Successful Treatment Regimen for the Prevention of Sinusitis after Maxillary Sinus Floor Elevation Surgery in a High-Risk Case. Case Rep Otolaryngol. 6869805, 2020.
  9. 高橋慶壮、山﨑厚作,山﨑幹子 歯周病病態における咬合性外傷の再考  日本歯周病学会会誌  62 (2): 47-57, 2020.
  10. Papantonopoulos G, Delatola C, Takahashi K, Laine ML, Loos BG.  Hidden noise in immunologic parameters might explain rapid progression in early-onset periodontitis. PLoS ONE, 14(11): e0224615, 2019.
  11. 高橋慶壮 歯周歯内病変の診断と治療における歯根膜の重要性 日本臨床歯周病学会会誌  37 (2) 17-22, 2019.
  12. Suzuki M, Takahashi K, Kato and Baba Y.  A maxillary sinusitis after sinus lift surgery.  J Dent &Oral Disord. 4(4): 1100, 2018.
  13. 東 春生、鳥居詳司、高橋慶壮 ステップバック法におけるステンレススチールファイルの回転角度の効果 日本歯科保存学雑誌 615号 p305-315, 2018.
  14. Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Amitani Y, Yoshie H. Site-level progression of periodontal disease during a follow-up period. PLoS One. 12 (12): e0188670, 2017.
  15. Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A, Hara Y, Fujise O, Nishimura F, Kono T, Umeda M, Fukuda M, Noguchi T, Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M, Makino-Oi A, Saito A, Abe Y, Sato S, Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H. Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study. BMC Oral Health. ;17(1):46, 2017.
  16. 吉野浩正、伊東博司、高橋慶壮  ラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面のハイドロキシアパタイト処理が垂直的骨増大に及ぼす効果 奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p1-11, 2017.
  17. 森田 聡、遊佐淳子、高橋慶壮 β-リン酸三カルシウムがラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面の垂直的骨増大に及ぼす効果 奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p13-22 , 2017.
  18. 石澤正晃、櫻井裕子、高橋慶壮 スタチンがラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面の垂直的骨増大に及ぼす効果  奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p23-33 , 2017.
  19. 高橋慶壮 歯周炎患者におけるインプラント周囲炎の病態と治療法 日本歯周病学会会誌58(4):236-253,2016.
  20. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H. Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res. 51(6): 768-778, 2016.
  21. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos B. Artificial neural networks for the diagnosis of aggressive periodontitis trained by immunologic parameters. PLoS ONE 9(3): e89757, 2014.
  22. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos BG.  Aggressive Periodontitis Patients can be Defined by Recursive Partitioning Analysis of Immunologic Factors. J. Periodontol. 84(7):974-84, 2013.
  23. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos BG. Mathematical Modeling suggests that Periodontitis behaves as a Nonlinear Chaotic Dynamical Process. J. Periodontol. 84(10): e29-39, 2013.
  24. 高橋慶壮 歯周病の基礎科学と臨床科学歯周病学と歯周治療学 日本歯周病学会会誌 55:121131, 2013.
  25. Papantonopoulos, G., Takahashi, K., Bountis, T., Loos, B.G.  Using cellular automata experiments to model periodontitis: a first theoretical step towards understanding the nonlinear dynamics of periodontitis. International journal of bifurcation and chaos: in applied sciences and engineering, 22: 2417-2434, 2012.
  26. 高橋慶壮  インプラント周囲炎のリスクファクターとしての歯周炎 奥羽大学歯学誌 第39巻 第2号p56.
  27. 高橋慶壮 歯周病学および歯内療法学における誤謬とパラダイムシフトに学ぶ 日本歯科医師会雑誌 第64巻 第5号 39-52, 2011.



インフォメーション

奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931