歯学部

HOME 歯学部 講座紹介 歯内療法学

講座紹介

歯科保存学講座 [歯内療法学]


沿革及び特徴

昭和47年東北歯科大学の開学にあたり、歯科保存学第II講座として東京歯科大学より渡貫 健を教授として迎え開講しました。平成2年4月には明海大学歯学部歯内療法学講座から天野義和が教授として赴任し、歯内療法学と保存修復学を担当しました。平成6年度からは歯科保存学第II講座は歯内療法学のみの担当となりました。平成16年度から大講座制による編成から歯科保存学講座歯内療法学分野となり、平成19年10月には昭和大学歯学部齲蝕・歯内治療学講座から木村裕一が教授として赴任し、現在に至ります。


主な研究
  1. 根管充填における根尖の封鎖性に関する研究
  2. 根管充填材の諸性質に関する研究
  3. 歯内治療における高周波の応用に関する研究
  4. 歯科領域における漂白に関する研究
  5. 齲蝕の疫学的研究
  6. レーザーの歯内療法領域への応用
  7. ニッケル・チタンファイルの湾曲根管への応用に関する研究
  8. フォトダイナミックセラピー(PDT)の歯内療法領域への応用

構成員紹介
木村 裕一
キムラ ユウイチ
教授
佐々木 重夫
ササキ シゲオ
准教授
佐藤 穏子
サトウ ヤスコ
講師
長﨑 慶太
ナガサキ ケイタ
講師
金澤 朋昭
カナザワ トモアキ
講師
神庭 一郎
カンバ イチロウ
助教
茂呂 有司
モロ ユウジ
助教
橋本 有加
ハシモト ユカ
助教

所属学会・団体名
  • 日本歯科保存学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本歯周病学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 日本歯科医療管理学会
  • 日本レーザー歯学会
  • 日本外傷歯学会

その他
専門医取得者
  • 木村 裕一
  • 佐々木 重夫
  • 佐藤 穏子
  • 山崎 信夫

研究業績

著書

  1. 木村裕一、山田嘉重: 第4章IV硬組織の切削(P.106〜110)、第7版 保存修復学、千田 彰、宮崎真至、林美加子、向井義晴、斎藤隆史 編、医歯薬出版、2019.
  2. 木村裕一: 第5版 歯内治療学、医歯薬出版 第4章 歯内治療における基本的術式の概要 p27-39, 2018.
  3. 木村裕一: エンドドンティクス(第5版)永末書店 第24章 緊急処置(P. 244〜249), 2017.
  4. 木村裕一: 第24章 緊急処置;分担執筆、第4版エンドドンティクス、興地隆史、須田英明、中村 洋 編集主幹、永末書店、 2015.
  5. 木村裕一: WaveOneの選択基準の視点から; 新しいNi-Ti製ファイルの歯内療法 –Single Patient Use時代の到来- 監修 須田英明、クインテッセンス出版、p. 59-65, 2014.
  6. 山田嘉重、増田宜子、木村裕一、宮崎 隆: 新しい試作齲蝕溶解剤を用いた根管治療の有効性に関する基礎的研究;別册クインテッセンス(YEARBOOK 2014)88-89, 2014.
  7. 木村裕一、山田嘉重、増田宜子、木庭健次: 逆根管充塡材として用いたMTAの汚染が封鎖性と微小硬さに及ぼす影響;別册クインテッセンス(YEARBOOK 2014)146-148, 2014.
  8. 木村裕一: 分担執筆:歯内治療学(第4版)医歯薬出版、第4章 歯内治療における基本術式の概要(P.31〜49)、 2011.
  9. 木村裕一: エンドドンティクス(第3版)緊急処置、永末書店 2010.

総説

  1. 木村裕一、山田嘉重、佐藤穏子、茂呂有司、神庭一郎: 根管洗浄. 日歯内療誌, 41: 165-172, 2020.
  2. 木村裕一、山田嘉重、車田文雄、佐藤穏子、山崎信夫: 根管治療の1回法と多数回法の違い -文献的考察- . 日歯保存誌, 62: 255-259, 2019.
  3. 木村裕一: レーザーの根管洗浄への応用. 日歯先技研会誌, 22: 1-4, 2016.

原著

  1. Yamada Y and Kimura Y: Investigation of a calcium hydroxide overflowing from root apex during calcium hydroxide removal. J Oral Dent Health. 4(3) 12-16, 2020.
  2. Yamada Y and Kimura Y: Reconsideration of invasive technique for occlusal fissure before fissure sealant. Inter Ped Dent Open Acc J. 324-329, 2020.
  3. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 試作齲蝕除去剤を併用した半導体レーザーによる齲蝕除去への検討. みちのく歯学会雑誌, 50:1・2, 30-31, 2019.
  4. 山田嘉重、木村裕一、金澤朋昭: 光線力学療法およびブルーライト照射によるEnterococcus faecalisへの殺菌効果に対する再評価. 日歯内療誌, 39:126-133, 2018.
  5. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 化学―機械的齲蝕除去後の窩洞に対するグラスアイオノマーセメント修復の検討. 日歯保存誌, 61: 190-199, 2018.
  6. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 根管内水酸化カルシウム製剤除去操作時における根尖孔からの溢出状況に関する検討. みちのく歯学会雑誌, 49:1・2, 47-48, 2018.
  7. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 低出力レーザーおよびカテキン溶液によるEnterococcus faecalisに対する殺菌効果への検討. みちのく歯学会雑誌 48(1, 2) 28-30 2017.
  8. 佐藤穏子、車田文雄、木村裕一:メラニン色素沈着をレーザーにより除去した1例.みちのく齒學會雑誌,48(1・2):86-89,2017.
  9. 鈴木重紀、増田宜子、小澤慶之、高林正行、山田嘉重、木村裕一: 2つの根管洗浄方法を用いたEDTA製剤の効果的な作用時間 –スミヤー層除去効果と象牙質浸食の評価- . 日歯内療誌, 37(3): 156-162, 2016.
  10. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 外傷で生じた歯冠部亀裂の対処法に対する基礎的研究. 日外傷歯誌 12(1): 90-98, 2016.
  11. 山田嘉重、木村裕一、菊井徹哉: 新規化学-機械的齲蝕除去剤の試作と評価. みちのく歯学会雑誌 47: 9-10, 2016.
  12. 木村裕一、山田嘉重、増田宜子、木庭健次、神庭一郎: ニッケルチタンロータリーファイル破断面の金属特性 -X線回析と走査電子顕微鏡による所見- . 日歯内療誌, 37: 25-30, 2016.
  13. Maeda T, Suzuki A, Baba Y, Yuzawa S, Kimura Y, Kato Y: Mineral trioxide aggregate induces osteoblastogenesis via Atf6. Bone Rep 2; 36-43. 2015.
  14. 木庭健次、木村裕一、山田嘉重、増田宜子、佐藤穏子: KTPレーザーによる生活歯漂白 –褐色鶏卵卵殻を使用した基礎研究- 日レ歯誌, 26: 67-72, 2015.
  15. Takabayashi M, Masuda Y, Sakai N, Baba S, Kageyama A, Kimura Y: Evaluation of root canal obturation by micro-computed tomography for endodontic training in dental students. Dentistry 6: 1000368, 2014. 
  16. 増田宜子、山田嘉重、木村裕一、八幡祥生、坂上 斉、鈴木重紀、高林正行、藤島昭宏、宮崎 隆: 根管洗浄剤による歯科用充塡材に及ぼす影響についてー表面形態の観察と表面粗さの分析—. 日歯内療誌 35, 16-23, 2014.
  17. Sakaki S, Kimura Y, Imai H, Sato Y, Kamada A, Kurumada F, Yamazaki N, Yamada M, Amano Y, Masuda Y, Yamada Y, Koba K: Effects of blood contamination on sealing ability and microhardness of mineral trioxide aggregate used as a root-end filling material; 日歯保存誌56, 200-207, 2013.
  18. Kameda A, Murakami-Masuda Y, Toko T, Yamada Y, Kimura Y, Tamaki Y, Miyazaki T: Effects of tooth coating material and finishing agent on bleached enamel surfaces by KTP laser. Laser Therapy 22, 125-130, 2013.
  19. Masuda YM, Yamada Y, Kimura Y: In vitro guidance of dental pulp cells by Nd:YAG laser-irradiated endothelial cells. Photomed Laser Surg 30: 315-319, 2012.
  20. Yamada Y, Masuda Y, Kimura Y, Hossain M, Manabe A, Hisamitsu H: Adhesiveness of various glass ionomer cements in cavities treated with Carisolv. J Clin Pediatr Dent 37, 183-187, 2012.
  21. 山田嘉重、増田宜子、川中岳雄、木村裕一、真鍋厚史、久光 久、藤島昭宏、宮崎 隆: ブロメラインとオレンジオイルを用いた試作齲蝕象牙質除去剤に対する評価; 日歯保存誌54: 142-152, 2011. 
  22. 木村裕一、今井啓全、佐藤穏子、佐藤 克、山崎信夫、山田眞義、天野義和、増田宜子、山田嘉重、亀田 歩、木庭健次: 各種漂白剤の漂白効果と歯に及ぼす影響; 日歯保存誌54: 162-168, 2011.
  23. 山田嘉重、木村裕一: Nd:YAGレーザーと試作う蝕象牙質除去剤を併用したう蝕象牙質除去効果の評価;日レ歯誌 22: 85-92, 2011.
  24. 木庭健次、木村裕一: レーザー併用によるオフィスブリーチング法の短期臨床評価;日本歯科用レーザー学会誌 2: 11-16, 2011.
  25. Kimura Y, Tanabe M, Imai H, Amano Y, Masuda Y, Yamada Y: Histological examination of experimentally infected root canals after preparation by Er:YAG laser irradiation. Lasers Med Sci, 26: 749-754, 2011.
  26. Yin X, Cheung GS, Zhang C, Masuda YM, Kimura Y, Matsumoto K: Micro-computed tomographic comparison of nickel-titanium rotary versus traditional instruments in c-shaped root canal system. J Endod 36: 708-712, 2010. 
  27. Masuda-Murakami Y, Kobayashi M, Wang X, Yamada Y, Kimura Y, Hossain M, Matsumoto K: Effects of mineral trioxide aggregate on the differentiation of rat dental pulp cells. Acta Histochem 112: 452-458, 2010. 
  28. Masuda YM, Wang X, Yokose S, Yamada Y, Kimura Y, Okano T, and Matsumoto K: Effect of glypican-1 gene on the pulp cells during the reparative dentine process. Cell Biol Int, 34: 1069-1074, 2010. 
  29. Yamada Y, Hossain M, Kimura Y, Masuda Y, Jayawardena JA, Nasu Y: Removal of organic debris from occlusal fissures: advantage of carisolv system over sodium hypochlorite. J Clin Pediatr Dent 35: 75-80, 2010.
  30. Chiba Y, Kamada A, Imai H, Kouroku N, Terasawa R, Saito T, Kimura Y: Accelerated wound-healing action and induction of TGF-β1 by intravenous administration of chitosan oligosaccharide. Pharmacometrics 78: 103-108, 2010.
  31. 平山圭史、木村裕一、天野義和: 超音波装置によるHファイル破折片除去に関する基礎的研究;日歯内療誌31: 194-199, 2010.
  32. 増田宜子、大場崇史、山田嘉重、藤島昭宏、宮本洋一、木村裕一、上條竜太郎: 磁場下プログラムフリーザーを用いた歯髄細胞の凍結保存に関する研究;日歯保存誌 53: 274-280, 2010.

症例報告

  1. Yamada Y, Kimura Y and Hossain M: Treatment of external root resorption with calcium hydroxide paste: A case report. OSP J Case Rep 2(5) 1-3, 2020.
  2. Masuda YM, Suzuki S, Matsuda Y, Kimura Y, Miyazaki T: Management of tooth and observation of external root surface with extrusion of calcium hydroxide-containing paste. Dentistry 5, 301-304, 2015.



インフォメーション

奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931