歯学部

HOME 歯学部 講座紹介 歯科薬理学

講座紹介

口腔病態解析制御学講座 [歯科薬理学]


沿革及び特徴

 歯科薬理学講座は、1972年、本学創設時に東京歯科大学より川崎徹が初代教授として着任し、発足しました。その後、五十嵐治義、浜田節男、米原典史が教授を務めるなか、2005年からは歯学部充実化のための講座再編成に伴い、現在の名称(口腔病態解析制御学講座 歯科薬理学分野)に変わりました。その後、2015年4月から2019年3月まで、鈴木恵子が教授を務めました。そして、2020年4月からは、現在のスタッフで歯科薬理学に関する教育と研究を担当しています。

 

 講義では、2年生後期から3年生前期の歯科薬理学Ⅰ、Ⅱを通して、歯科医師として①歯科臨床において適切な薬物を処方できるようになること、②患者が他科で処方されている治療薬についても十分に理解し適切な対応ができるようになること、を目標に掲げています。そのために、一般薬理学の知識を広く修得した後に、歯科医療において特に重要な治療薬(局所麻酔薬、抗炎症薬、鎮痛薬、抗菌薬、消毒薬、止血薬・抗凝固薬、歯科専用薬物など)については重点的に修得できるようにしています。また、3年生前期の歯科薬理学実習では、講義で学んだ知識を自分の体験を通して確実にするために、動物愛護の精神に鑑みて、動物実験の代替法としてのコンピュータシミュレーション実習や、問題解決型学習、チーム基盤型学習などの手法を取り入れた総合的な実習を行い、総仕上げを行っています。

 

主な研究

1.薬物の発生毒性に関する発生生物学的研究

2.摂食・嚥下に関わる脳神経の発生に関する研究

3.体液のメタボローム解析による疾患マーカーの探索

4. 歯根膜の粘弾性に関する研究

5. 新規ビスホスホネートの骨形成促進作用についての研究

 

構成員紹介
鈴木 礼子
スズキ レイコ
准教授
柴田 達也
シバタ タツヤ
准教授
長岡 正博
ナガオカ マサヒロ
講師

所属学会・団体名
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本薬理学会
  • 歯科基礎医学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 日本カウンセリング学会
  • 日本解剖学会
 

その他

【2011年以降の主な論文業績(2020年9月15日更新)】

  1. Kumamoto T., Senuma M., Todoroki M., Kumagai F., Imai H., Suzuki R., Ogawa T., Kuwagata M.: 5-Fluorocytosine induces fetal skeletal malformations in rats by altering expression of Homeobox genes. Fundam. Toxicol. Sci. 7(2):97-103, 2020. 
  2. 大橋明石、南健太郎、長岡正博、福井和徳、廣瀬公治:歯科衛生士専門学校生に対するフッ化物配合歯磨剤に関する意識・知識調査 みちのく歯学会雑誌 50(1,2):33-34, 2019.
  3. Nagaoka M., Maeda T., Chatani M., Handa K., Yamakawa T., Kiyohara S., Negishi-Koga T., Kato Y., Takami M., Niida S., Lang S.C., Kruger M.C., Suzuki1 K.: A Delphinidin-Enriched Maqui Berry Extract Improves Bone Metabolism and Protects against Bone Loss in Osteopenic Mouse Models. Antioxidants (Basel). 8(9):386, 2019.
  4. Nagaoka M., Maeda T., Moriwaki S., Nomura A., Kato Y., Niida S., Kruger M.C., Suzuki K., Petunidin, a B-ring 5′-O-Methylated Derivative of Delphinidin, Stimulates Osteoblastogenesis and Reduces sRANKL-Induced Bone Loss. Int J Mol Sci. 20(11): 2795, 2019.
  5. 鈴木恵子、長岡正博、五十嵐薫、篠田壽:骨形成促進作用をもつビスホスホネートMPMBPの開発 日本薬理学雑誌  153(1):4-10, 2019.
  6. Komatsu K., Shibata T., Shimada A., Ideno H., Nakashima K., Tabata Y., Nifuji A.: Cationized gelatin hydrogels mixed with plasmid DNA induce stronger and more sustained gene expression than atelocollagen at calvarial bone defects in vivo. J Biomater Sci Polym Ed. 27(5): 419-30, 2016.
  7. Nagaoka M, Terasawa R, Kadoya T, Yonehara N: Effect of Oxidized Galectin-1 on Neuropathic Pain in Rats. Pharmacometrics 88:23-29, 2015.
  8. Tabata C, Hongo H, Sasaki M, Hasegawa T, de Freitas PH, Yamada T, Yamamoto T, Suzuki R, Yamamoto T, Oda K., Li M, Kudo A, Iida J, Amizuka N: Altered distribution of extracellular matrix proteins in the periodontal ligament of periostin-deficient mice. Histol Histopathol. 29(6):731-742, 2014. 
  9. Komatsu K., Shimada A., Shibata T., Wada S., Ideno H., Nakashima K., Amizuka N., Noda M., Nifuji A.: Alendronate promotes bone formation by inhibiting protein prenylation in osteoblasts in rat tooth replantation model. J Endocrinol.219: 145-158, 2013.
  10. Sasaki M, Hasegawa T, Yamada T, Hongo H, de Freitas PH, Suzuki R, Yamamoto T, Tabata C, Toyosawa S, Yamamoto T, Oda K, Li M, Inoue N, Amizuka N: Altered distribution of bone matrix proteins and defective bone mineralization in klotho-deficient mice. Bone 7(1):206-219, 2013. 
  11. Hasegawa T, Sasaki M, Liu Z, Yamada T, Yamamoto T, Hongo H, Suzuki R, Miyamoto Y, Yamamoto T, de Freitas PHL, Li M, Amizuka N: Medial vascular calcification: a new concept challenging the classical paradigm of dystrophic calcification. Hokkaido J Dent Sci. 34(1):2-10, 2013.
  12. Hasegawa T, Amizuka N, Yamada T, Liu Z, Miyamoto Y, Yamamoto T, Sasaki M, Hongo H, Suzuki R, de Freitas PH, Yamamoto T, Oda K, Li M: Scleostin is differently immunolocalized in metaphyseal trabecules and cortical bones of mouse tibiae. Biomed Res. 34(3):153-159, 2013. 
  13. Guo Y, Li M, Zhusheng L, Yamada T, Sasaki M, Hasegawa T, Hongo H, Tabata C, Suzuki R, Oda K, Yamamoto T, Kawanami M, Amizuka N: Immunolocalization of sclerostin synthesized by osteocytes in relation to bone remodeling in the interradicular septa of ovariectomized rats. J Electron Microsc. (Tokyo). 61(5):309-320, 2012. 
  14. Sasaki M, Hongo H, Hasegawa T, Suzuki R, Zhusheng L, de Freitas PHL, Yamada T, Oda K, Yamamoto T, Li M, Totsuka Y, Amizuka N: Morphological aspects of the biological function of the osteocytic lacunar canalicular system and of osteocyte-derived factors. Oral Sci Int. 9(1):1-8, 2012. 
  15. Hongo H, Hasegawa T, Sasaki M, Suzuki R, Masuki H, Yamada T, Shimoji S, Kawanami M, Yamamoto T, Amizuka N: Bone-Orchestrating Cells, Osteocytes. Hokkaido J Dent Sci. 32(2):93-103, 2012. 
  16. Amizuka N, Hongo H, Sasaki M, Hasegawa T, Suzuki R, Tabata C, Ubaidus S, Masuki H, Ying G, de FreitasPH, Oda K, Li M: The distribution of osteocytic lacunar-canalicular system, and immunolocalization of FGF23 and sclerostin in osteocytes. J Oral Biosci. 54(1):37-42, 2012.
  17. Hasegawa T, Li M, Hara K, Sasaki M, Tabata C, de Freitas PH, Hongo H, Suzuki R, Kobayashi M, Inoue K, Yamamoto T, Oohata N, Oda K, Akiyama Y, Amizuka N: Morphological assessment of bone mineralization in tibial metaphyses of ascorbic acid-deficient ODS rats. Biomed Res. 32(4):259-269, 2011. 
  18. 佐々木重夫,相澤徳久,菊井徹哉,鈴木文章,鈴木史彦,長岡正博,西本秀平,高橋和裕,大野 敬:日本大震災における奥羽大学の取り組み-郡山市避難所における支援活動の概要- 奥羽大学歯学誌38(4):224-229, 2011.
  19. 板橋 仁,今関 肇,宇佐美晶信,影山勝保,川合宏仁,関根貴仁,玉井一樹,長岡正博,西本秀平,濱田智弘,林太一,福島雅哉,和田隆史,渡辺 聡,高橋和裕,大野 敬:東日本大震災における奥羽大学の取り組み(その2)奥羽大学歯学誌 38(4):230-236, 2011.
 



インフォメーション

奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931