歯学部

HOME 歯学部 講座紹介 口腔組織学

講座紹介

生体構造学講座 [口腔組織学]


沿革及び特徴

 1973年(昭和48年)本学開学から1年後に、永井 廣教授のもと口腔解剖学第Ⅱ講座として開設されました。その後、1980年(昭和55年)から山本茂久教授のもと教育・研究に尽力し、多くの大学院生が所属、学位を取得しました。2005年(平成17年)講座再編成に伴い、生体構造学講座口腔組織学分野となり、2008年(平成20年)には、渡邊弘樹教授が着任されました。2020年(令和2年)3月に渡邊弘樹教授が退官なされ、同年4月荒木啓吾講師が着任され、現在に至ります。

 

 組織学とは解剖学の一分野であり、肉眼的には究めることのできない生体の微細な形態と構造を対象とする学問です。また、人体を構成する最小の単位である細胞とそれらの集合体である器官や組織を、形態的見地よりその微細構造と機能発現の機序を学ぶ科目です。

 口腔組織学とは、口腔に発現する疾病を治療の対象とする歯科医学において、最も重要な歯と歯周組織を中心に口腔周囲器官を含め、その微細構造および発生、形態形成過程や機能発現の機序に関して研究する分野です。


主な研究

口腔周囲器官(歯と歯周組織を含め)の発生や形態形成過程の解明および口腔組織における活性酸素とフリーラジカル蛋白の生理学的病理学的動態の解明を中心に、以下の研究項目を行っています。

 

1. 口腔の各組織における活性酸素の産生、分布とその動態解析

2. 骨の発生様式におけるフリーラジカル関連遺伝子の発現と機能解明

3. 歯と歯周組織の形態形成に関する因子の同定とその局在

4. 唾液腺の成長発育における細胞増殖因子の発現と関連性の研究

5. 歯科用低出力レーザー(ソフトレーザー)の生体に対する治療効果


構成員紹介
安部 仁晴
アンベ キミハル
准教授
中川 敏浩
ナカガワ トシヒロ
准教授
荒木 啓吾
アラキ ケイゴ
講師
荒木 啓吾
アラキ ケイゴ
講師

所属学会・団体名
  • 日本解剖学会
  • 歯科基礎医学会
  • 分子生物学会
  • 日本レーザー歯学会
  • 奥羽大学歯学会

その他
主な研究論文

1) Y. Ishizuka, M. Yoshida, K. Ambe, J. Sasaki, N. Sugihara, H. Watanabe: Expression Profiles of NOS Isoforms in Dental Pulp and Odontoblasts in nNOS Knockout Mice. Bull Tokyo Dent Coll. 60(4), 261-266, 2019

2) K. Kudo, K. Tanaka, K. Ambe, H. Kawaai, S. Yamazaki: Immunohistochemical Analysis of Nerve Distribution Mandible of Rats. Anethesia Progress 66(2), 87-93, 2019

3) 小林徳男、羽生忠義、武市和之、中川敏浩、安部仁晴、渡邊弘樹:微小子宮筋腫の腫瘍血管新生に関する組織学的研究.奥羽大歯学誌46(1), 11-17, 2019

4) K. Tanaka, K. Kudo, K. Ambe, H. Kawaai, S. Yamazaki: A Histological Study of Vasoconstriction by Local Anesthetics in Mandible. Anethesia Progress 65(4), 244-248, 2018

5) R. Kikuchi, K. Ambe, H. Kon, S. Tanaka, H. Watanabe: Nitric Oxide Synthase (NOS) Isoform Expression after Peripheral Nerve Transection in Mice. Bull Tokyo Dent Coll. 59(1), 15-25, 2018

6) S. Takahashi, R. Kikuchi, K. Ambe, T. Nakagawa, S. Takada, T. Ohno, H. Watanabe: Lymphangiogenesis and NOS localization in healing process after tooth extraction in Akita mouse. Bull. Tokyo Dent.Coll. 57(3), 121-131, 2016

7) K. Ambe, H. Watanabe, S. Takahashi, T. Nakagawa, J. Sasaki: Production and physiological role of NO in the oral cavity. Japanese Dental Science Review 52(1), 14-21, 2016

8) M. Ohshima, Y. Yamaguchi, K. Ambe, M. Horie, A. Saito, T. Nagase, K. Nakashima, H. Ohki, T. Kawai, Y. Abiko, P. Micke, K. Kappert: Fibroblast VEGF-receptor 1 expression as molecular target in periodontitis. Journal of Clinical Periodontology 43(2), 128-137, 2016

9) Y. Kashiwabara, K. Ambe, T. Nakagawa, H. Watanabe: Immunohistochemical localization of Nox in mouse circumvallate papillae. Tissue & Cell 47(6), 550-558, 2015

10) K. Ambe, H. Watanabe, S. Takahashi, T. Nakagawa: Immunohistochemical localization of Nox1, Nox4 and Mn-SOD in mouse femur during endochondral ossification. Tissue & Cell 46(6), 433-438, 2014

11) M. Ishioka, Y. Ishizuka, S. Shintani, T. Yanagisawa, T. Inoue, J. Sasaki, H. Watanabe: Expression profiles of NOS isoforms in gingival of nNOS knockout mice. Tissue & Cell 46(2), 122-126, 2014

12) M. Kuwana, H. Watanabe, S. Abe, T. Yanagisawa, J. Sasaki: The expression of Mn-SOD,i-NOS and eNOS mRNA in maxillary osteoblasts in osteopetrotic mice. Anat. Histol. Embryol. 42(2), 124-129, 2013.

13) S. Takahashi, K. Ambe, H. Kon, S. Takada, T. Ohno, H. Watanabe: Immunohistochemical investigation of lymphatic vessel formation control in mouse tooth development. -Lymphatic vessel-forming factors and receptors in tooth development in mice- Tissue & Cell 44(3), 170-181, 2012

14) 安部仁晴、中川敏浩、高橋進也、渡邊弘樹:ヒト顎下腺の成長発育に伴うBMPとBMPレセプターの局在.奥羽大歯学誌39(1), 1-10, 2012

 



奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931