薬学部

HOME 薬学部 教員紹介 鈴木 史彦

教員紹介

鈴木 史彦 准教授 [Fumihiko Suzuki]

担当授業科目
歯学部:臨床歯学概論(1年)、総合演習1D(1年)、高齢者歯科学Ⅰ(3年)、総合演習3D(3年)、高齢者歯科学Ⅱ(4年)、総合演習4D(4年)、高齢者歯科学(6年)、薬学部:高齢者の健康A・B
主な研究

1. 要介護高齢者の摂食嚥下障害に関係する因子の解明
 介護老人保健施設に入所している要介護高齢者を対象として、ミールラウンド(食事回診)や嚥下内視鏡検査で確認された摂食嚥下障害と関連する因子が何であるのかを、疫学調査から統計学的に解明する。

2. プレオーラルフレイルが全身状態と関連する因子についての解明(2020年度から)
 石川県志賀町の40歳以上の中高年を対象として、プレオーラルフレイルが筋力(握力)、骨密度、うつ尺度と関係する因子が何であるのかを、疫学研究から統計学的に解明する(金沢大学 環境生態医学・公衆衛生学教室との共同研究)。

3. 栄養素摂取と全身状態との関係
 石川県志賀町の住人を対象とした志賀町研究(Shika study)において、簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)と高血圧症、アレルギー、自閉症スペクトラム、うつ病等との関係を疫学的に解明する(金沢大学 環境生態医学・公衆衛生学教室との共同研究)。


研究

研究業績(過去10年分)

原著論文

  1. 佐々木重夫,相沢徳久,菊井徹哉,鈴木文章,鈴木史彦,長岡正博,西本秀平,高橋和裕,大野 敬: 東日本大震災における奥羽大学の取り組み‐郡山市避難所における支援活動の概要‐. 奥羽大歯学誌 38(4):224-229, 2012.
  2. 鈴木史彦,岡田英俊,茂呂祐利子,前田豊信,横瀬敏志: 学習方法に関する学生と教員への同時アンケート‐総合学習Ⅱ・Ⅲ‐. 奥羽大歯学誌 39(3):163-170, 2012.
  3. 小松泰典,吉田健司,冨田 修,福島雅啓,八木下 健,赤沼龍一,鈴木史彦,川合宏仁,山崎信也: 小型血液ガス分析装置の比較使用経験. 奥羽大歯学誌 39(4):231-239, 2012.
  4. 鈴木史彦,八木下 健,川合宏仁,山崎信也,清野晃孝,齊藤高弘: 異常絞扼反射患者の歯科治療に全身麻酔と系統的脱感作を併用した症例. 奥羽大歯学誌 40(1):59-62, 2013.
  5. 鈴木史彦,冨田 修,田中絵里,吉田健司,村上知久,菊地隆太,小嶋忠之,高田 訓: 臨床実習における超高齢社会に向けたメディカルチーム研修の導入. 奥羽大歯学誌 40(2):105-110, 2013.
  6. 川合宏仁,小松泰典,福島雅啓,八木下 健,渡辺正博,鈴木史彦,佐々木重夫,山崎信也: WPW症候群と開口障害を合併した障害者の全身麻酔科歯科治療経験. 奥羽大歯学誌 40(2):111-116, 2013.
  7. 冨田 修,福島雅啓,田中克典,中池祥浩,鈴木史彦,川合宏仁,山崎信也: 当科における顎顔面領域の慢性痛に対するペインクリニックの検討. 奥羽大歯学誌 40(2):125-127, 2013.
  8. 田中絵里,吉田健司,小松泰典,渡辺正博,鈴木史彦,川合宏仁,山崎信也: プロポフォールによる静脈内鎮静後の回復過程におけるTrieger dot testとRamsay scoreの相関性. 日歯麻誌 41(3):304-305, 2013.
  9. 小松泰典、吉田健司、田中絵里、冨田 修、福島雅啓、八木下 健、渡辺正博、鈴木史彦、川合宏仁、山崎信也: 協力度が低い患者の歯科全身麻酔に対する前投薬としてのミダゾラム経口投与法の統計. 日歯麻誌 42(2):234-235, 2014.
  10. 田中克典,遠藤未来,工藤香菜恵,須田修二,吉田健司,田中絵里,鈴木史彦,川合宏仁,山崎信也: 重度高カリウム血症により心静止になったと考えられた頰部蜂巣炎患者の1例. 日歯麻誌 42(3):295-296, 2014.
  11. 助川絵美,田中克典,田中絵里,吉田健司,小松泰典,鈴木史彦,川合宏仁,山崎信也: プロポフォールによる静脈内鎮静中に指先が緑色となった1症例. 日歯麻誌 42(3):297-298, 2014.
  12. 小松泰典,中池祥浩,鈴木史彦,川合宏仁,島村和宏,山崎信也: 多剤内服中の知的障がい者に対するミダゾラムの経口前処置について. 奥羽大歯学誌 41(2):63-65, 2015.
  13. 山崎信也、遠藤未来、須田修二、工藤香奈恵、鈴木史彦、川合宏仁、島村和宏、大溝裕史: 全身麻酔後にクループを合併し1週間の入院を要した歯科治療拒否児の1例. 日歯麻誌 43(2):229-231, 2014.
  14. 田中克典、田中絵里、三田拓也、大溝裕史、中池祥浩、鈴木史彦、川合宏仁、山崎信也: Werdnig-Hoffmann病患者における歯科治療のための全身麻酔経験. 日歯麻誌 43(2):232-234, 2015.
  15. Tanaka K, Yoshida K, Tanaka E, Komatsu Y, Suzuki F, Kawaai H, Yamazaki S: Periodic oral care under ambulatory general anesthesia prolongs tooth life in patients with intellectual disabilities. Oral Health Dent Manag. 14: 294-296, 2015.
  16. Mitoma J, Kitaoka M, Asakura H, Anyenda EO, Hori D, Nguyen TTT, Hamagishi T, Hayashi K, Suzuki F, Shimizu Y, Tsujiguchi H, Kambayashi Y, Hibino Y, Konoshita T, Sagara T, Shibata A, Nakamura H: Prevalence of chronic pain, especially headache, and relationship with health-related quality of life in middle-aged Japanese residents. Health. 8: 116-124, 2016.
  17. Kitaoka M, Mitoma J, Asakura H, Anyenda OE, Nguyen TT, Hamagishi T, Hori D, Suzuki F, Shibata A, Horii M, Tsujiguchi H, Hibino Y, Kambayashi Y, Hitomi Y, Shikura N, Nakamura H: The relationship between hypertension and health-related quality of life: adjusted by chronic pain, chronic diseases, and life habits in the general middle-aged population in Japan. Environ Health Prev Med. 21(4): 193-214, 2016.
  18. Hamagishi T, Inagawa T, Kambayashi Y, Tsujiguchi H, Kitaoka M, Mitoma J, Asakura H, Suzuki F, Hori D, Anyenda EO, Thao NTT, Hibino Y,  Hayashi K, Shibata A, Sagara T, Okochi J, Takamoku K, Hatta K, Konoshita T, Nakamura H: The association between activity of daily living and the combination of Alzheimer’s disease and cataract in elderly requiring nursing care. Health 8 : 994-1003, 2016.
  19. Hori D, Tsujiguchi H, Kambayashi Y, Hamagishi T, Kitaoka M, Mitoma J, Asakura H, Suzuki F, Anyenda EO, Nguyen TT, Hibino Y, Shibata A, Hayashi K, Sagara T, Sasahara S, Matsuzaki I, Hatta K, Konoshita T, Nakamura H: The associations between lifestyles and mental health using the General Health Questionnaire 12-items are different dependently on age and sex: a population-based cross-sectional study in Kanazawa, Japan. Environ Health Prev Med. 21(6) : 410-421, 2016.
  20. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H: Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res.;51(6):768-778, 2016.
  21. Suzuki F, Tomita S, Kudoh K, Tanaka K, Kawaai H, Yamazaki S: Emergency treatment of massive hemorrhage after upper third molar extraction: a case report. OhuUniv. Dent. J. 43(4): 111-115, 2016.
  22. Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A,Hara Y, Fujise O,Nishimura F,Kono T, Umeda M, Fukuda M,  Noguchi T,Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M,Makino-Oi A,  Saito A, Abe Y,Sato S,Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S and Yoshie H: Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study. BMC Oral Health 17:46, 2017.
  23. 鈴木史彦,小松泰典,北條健太郎,山家尚仁,瀬川 洋: 認知症による摂食嚥下障害がみられた高齢者に対して異なるアプローチをした2症例. 奥羽大歯学誌 44(2):61-67, 2017.
  24. Hori D, Tsujiguchi H, Kambayashi Y, Hamagishi T, Kitaoka M, Mitoma J, Asakura H, Suzuki F, Anyenda EO, Thao NTT, Yamada Y, Tamai S, Hayashi K,  Hibino Y, Shibata A, Sagara T, Sasahara S, Matsuzaki I and Nakamura H: The association of autism spectrum disorders and symptoms of asthma, allergic rhinoconjunctivitis and eczema among japanese children aged 3 - 6 years. Health, 9, 1235-1250, 2017.
  25. Nguyen TTT, Tsujiguchi H, Kambayashi Y, Hara A, Miyagi S, Yamada Y, Nakamura H, Shimizu Y, Hori D, Suzuki F, Hayashi K, Nakamura H: Relationship between vitamin intake and depressive symptoms in elderly Japanese individuals: Differences with gender and body mass index. Nutrients 9, 1319, 2017; doi:10.3390/nu9121319
  26. Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Amitani Y, Yoshie H. Site-level progression of periodontal disease during a follow-up period. PLoS One. 2017 Dec 4;12(12):e0188670. doi: 10.1371/journal.pone.0188670. eCollection 2017.
  27. 鈴木史彦,北條健太郎,山家尚仁,瀬川 洋: 要介護高齢者の食事形態低下に関する要因の検討. みちのく歯学会雑誌 48(1-2): 41-43, 2017.
  28. 鈴木史彦,小松泰典,北條健太郎,山家尚仁,瀬川 洋: 心房細動を含む多疾患の要介護高齢者の嚥下機能を改善できた1症例. 奥羽大歯学誌 45(2,3) : 57-61, 2018.
  29. Shimizu Y, Kambayashi Y, Tsujiguchi H, Hara A, Hori D, Thi Thu Nguyen T, Suzuki F, Hamagishi T, Yamada Y, Nakamura H, Yoshikawa T, Hayashi K, Hibino Y, Shibata A, Fukutomi Y, Ohya Y, Yamamoto-Hanada K, Muto G, Hirota R, Konoshita T, Nakamura H: Relationship between the use of parabens and allergic diseases in Japanese adults—a cross-sectional study.
  30. 佐々木重夫,福島和美,宮嶋 唯,箱崎麗子,佐藤穏子,保田 穣,鈴木史彦,瀬川 洋,杉田俊博: 奥羽大学歯学部附属病院地域医療支援歯科における障がい者歯科診療. みちのく歯学会雑誌 49(1-2): 10-12, 2018.
  31. Tsujiguchi H, Thi Thu Nguyen T, Goto D, Miyagi S, Kambayashi Y, Hara A, Yamada Y, Nakamura H, Shimizu Y, Hori D, Suzuki F, Hayashi K, Tamai S, Nakamura H: Relationship between the Intake of n-3 Polyunsaturated Fatty Acids and Depressive Symptoms in Elderly Japanese People: Differences According to Sex and Weight Status. Nutrients 2019, 11, 775; doi:10.3390/nu11040775.

著書

鈴木史彦: Ⅱ高齢者歯科の臨床 8.薬剤. 編集主幹 佐藤裕二,植田耕一郎,菊谷 武. よくわかる高齢者歯科学(永末書店). 119-121, 2018.

 

その他

  1. 鈴木史彦:摂食・嚥下障害について. ふくしまの国保 62(5): 12-13, 2014.
  2. 鈴木史彦:摂食嚥下障害をご存じですか? 元輝新報 189:3, 2014.
  3. 鈴木史彦:摂食嚥下障害への対応. 元輝新報 190:3, 2014.
  4. 鈴木史彦:誤嚥性肺炎とお口のケア. 元輝新報 191:3, 201
  5. 鈴木史彦:あなたの飲み込みは、本当に大丈夫ですか?早めの健診が大事. 元輝新報 207:3, 2016.
  6. 鈴木史彦:摂食嚥下障害の健診とその後の対応について. 元輝新報 208:3, 201
  7. 鈴木史彦:チーム医療で取り組むリハビリテーション. 元輝新報 209:3, 2016.
  8. 鈴木史彦:ぜひ,おすすめ訪問歯科診療の利用. 元輝新報 225:3, 2017.
  9. 鈴木史彦:認知症と歯科治療 現状に応じて対策. 元輝新報 226:3, 2017.
  10. 鈴木史彦:口腔機能低下症とは 早めの対応で健康長寿. 元輝新報 227:3, 2017.
  11. 鈴木史彦:後期高齢者歯科検診(無料)を受診されましたか? 元輝新報 237:3, 2018.
  12. 鈴木史彦:入れ歯の管理について 忘れず水中保管. 元輝新報 238:3, 2018.
  13. 鈴木史彦:唾液の機能について 口の中で様々な働き. 元輝新報 239:3, 2018.
  14. 鈴木史彦:高齢者が誤嚥しやすい要因と対応. 福歯会報 483: 28-29,2018.
  15. 鈴木史彦:脳血管障害患者の摂食嚥下リハ. 福歯会報 484: 25-26,2019.
  16. 鈴木史彦:認知症患者の摂食嚥下リハビリテーション. 福歯会報 486: 10-11,2019.
  17. 鈴木史彦:オーラルフレイルとは. 元輝新報 252:3, 2019.
  18. 鈴木史彦:オーラルフレイルの評価法 3点以上で危険. 元輝新報 253:3, 2020.
  19. 鈴木史彦:オーラルフレイルの予防法 “健口体操”が効果. 元輝新報 254:3, 2020.

所属学会・団体名

日本老年歯科医学会(認定医、専門医、代議員、規定委員)

日本摂食嚥下リハビリテーション学会(認定士)

日本歯科麻酔学会(認定医)

日本歯周病学会

奥羽大学歯学会

日本予防医学会

北陸公衆衛生学会

日本歯科医師会(準会員、産業歯科医)

福島県歯科医師会(準会員)


その他

略歴

平成3年3月      奥羽大学歯学部 卒業

平成3年4月      奥羽大学大学院歯学研究科(歯周病学専攻) 入学

平成7年3月      奥羽大学大学院歯学研究科 修了

平成14年4月   奥羽大学歯学部歯科保存学講座 講師

平成24年4月   奥羽大学歯学部口腔外科学講座歯科麻酔学分野 講師

平成27年4月   奥羽大学歯学部口腔外科学講座歯科麻酔学分野 准教授

平成28年4月   奥羽大学歯学部附属病院 地域医療支援歯科 主任(口腔ケア・摂食嚥下リハビリ担当)(兼任)

 

学会発表(過去5年。高齢者歯科・摂食嚥下リハビリテーション関連の発表のみ抜粋)

  1. 鈴木史彦,八島真奈美,小松泰典,北條健太郎,野口尚一,本間達也: 多疾患を有する要介護高齢者の嚥下機能を改善できた症例. 第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2016. 新潟市.
  2. 山家尚仁,佐藤健太,佐藤麻里恵,北條健太郎,與座崇史,保田 譲,成田知史,小松泰典,渡邉 崇,鈴木史彦,清野晃孝,佐々木重夫,瀬川 洋,杉田俊博: 地域医療支援歯科の発足とその展望. 第62回奥羽大学歯学会. 郡山市.
  3. 鈴木史彦,北條健太郎,山家尚仁,小松泰典: アルツハイマー型認知症による詰め込み食べから誤嚥性肺炎に至った症例.第22回ふくしま摂食嚥下リハビリ懇話会. 2016. 郡山市.
  4. 鈴木史彦,八島真奈美,佐川由希,北條健太郎,谷口裕子,野口尚一,本間達也:要介護高齢者におけるミールラウンドと嚥下内視鏡検査の比較調査. 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2017.千葉市.
  5. 鈴木史彦,北條健太郎,山家尚仁,瀬川 洋: 要介護高齢者の食事形態低下に関する要因の検討. 第70回東北地区歯科医学会. 2017. 福島市.
  6. 鈴木史彦: 不顕性誤嚥が見られた要介護高齢者に対し多職種連携にて嚥下機能の改善を認めた1症例. 日本老年歯科医学会第29回学術大会. 2018. 東京都品川区.
  7. 鈴木史彦,北條健太郎,八島真奈美,佐藤直美,佐川由希,谷口裕子,野口尚一,本間 達也: 介護老人保健施設入所者の摂食嚥下障害に及ぼす要因について ‐ミールラウンドからの検討‐.第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2018.仙台市.
  8. 北條健太郎,山家尚仁,小松泰典,入澤正晃,鈴木海路,鈴木史彦: 要介護高齢者において食事形態が低下となる要因の検討. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 201 仙台市.
  9. 北條健太郎,山家尚仁,佐藤健太,保田 穰,小松泰典,渡邉 崇,鈴木史彦,清野晃孝,佐々木重夫,瀬川 洋,杉田俊博: 地域医療支援歯科における訪問歯科診療への取り組みについて. 第66回奥羽大学歯学会. 2018. 郡山市.
  10. 鈴木史彦: 服薬調整と摂食機能療法により不顕性誤嚥を改善できた症例. 第27回ふくしま摂食嚥下リハビリ懇話会. 2018. 郡山市.
  11. 鈴木史彦: 要介護高齢者へ提供される水分とろみの段階に影響を及ぼす要因の検討. 第30回日本老年歯科医学会学術大会2019. 仙台市.
  12. 泉田玉磨美,入澤正晃,鈴木海路,福島和美,山家尚仁,北條健太郎,小松泰典,渡邉 崇,鈴木史彦,清野晃孝,佐々木重夫,杉田俊博: 知的障害者にユマニチュードを用いて口腔ケアを実施した1例. 第67回奥羽大学歯学会2019.郡山市.
  13. 鈴木史彦,佐藤璃奈,木村 楽,箱崎麗子,川合宏仁,佐々木重夫: 口底部悪性腫瘍切除後に段階的摂食訓練を実施した1例.、第10回東北障害者歯科臨床研究会. 2019.盛岡市.
  14. 八島真奈美,佐藤直美,鈴木史彦,野口尚一,本間達也: 口腔環境の改善により認知機能が改善された事例. 第18回東北地区介護老人保健施設大会. 2019. 福島市.
  15. 鈴木史彦,鈴木海路,八島真奈美,佐藤直美,佐川由希,谷口裕子,野口尚一,本間達也: 老健入所者の食事が自立から介助となる要因の検討. 第1報 介助の有無に関係する要因の横断的検討.第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2019. 新潟市.
  16. 八島真奈美,鈴木史彦,入澤正晃,佐藤直美,佐川由希,谷口裕子,野口尚一,本間達也: 老健入所者の食事が自立から介助となる要因の検討. 第2報 老健入所中に食事が介助となった5例の分析.第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2019. 新潟市.
  17. 渡邊明日香,泉田玉摩美,入澤正晃,鈴木海路,土屋和美,山家尚仁,北條健太郎,鈴木史彦: 高齢者施設に入所している知的障がい者に口腔ケアを実施した1例. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会. 2019. 新潟市.
  18. 鈴木史彦,北條健太郎,山家尚仁,小松憲明,鈴木海路,渡邉 聡,渡部議之,梅村浩二郎,高橋文太郎,小嶋忠之,金 秀樹,山森徹雄: 多職種協働により口底癌術後の摂食嚥下障害から経口摂取再開となった1例. 第68回奥羽大学歯学会. 2019.郡山市.


奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931