薬学部

HOME 薬学部 教員紹介 押尾 茂

教員紹介

押尾 茂 教授 [Shigeru Oshio]

担当授業科目
医薬の歴史A・B/健康科学入門/公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ/衛生薬学実習/衛生薬学演習/特別実習
主な研究

主な研究テーマ

  1. 雄性生殖機能を指標とした化学物質曝露の健康評価に関する研究

  2. 環境汚染物質の健康影響、生態系に及ぼす影響に関する研究

研究論文(2010〜2019)

  1. Long-term dietary intake of excessive vitamin A impairs spermatogenesis in mice. Yokota S, Shirahata T, Yusa J, Sakurai Y, Ito H, Oshio S.  J Toxicol Sci. 2019;44:257-27

  2. X染色体不活性化を中心とした胎生期環境の成長後影響. 熊本隆之, 押尾茂 日本衛生学雑誌2018; 73(2):101-104

  3. A simple and robust quantitative analysis of retinol and retinyl palmitate using a liquid chromatographic isocratic method. Yokota S, Oshio S. J Food Drug Anal. 2018;26:504-511.

  4. Social isolation-induced territorial aggression in male offspring is enhanced by exposure to diesel exhaust during pregnancy. Yokota S, Oshio S, Moriya N, Takeda K. PLoS One. 2016;11(2):e0149737.

  5. Prenatal exposure to rutile-type alumina-coated titanium dioxide nanoparticles impairs mouse spermatogenesis. Kubo-Irie M, Shinkai Y, Matsuzawa S, Uchida H, Suzuki K, Niki R, Oshio S, Takeda K. Fundam Toxicol Sci. 2016; 3  :67-74

  6. In utero exposure of mice to diesel exhaust particles affects spatial learning and memory with reduced N-methyl-D-aspartate receptor expression in the hippocampus of male offspring. Yokota S, Sato A, Umezawa M, Oshio S, Takeda K. Neurotoxicology. 2015; 50:108-15.

  7. Dose-dependent biodistribution of prenatal exposure to rutile-type titanium dioxide nanoparticles on mouse testis. Kubo-Irie M, Uchida H, Matsuzawa S, Yoshida Y, Shinkai Y, Suzuki K, Yokota S, Oshio S, Takeda K.  J Nanopart Res. 2014; 16: 2284-7.

  8. 熊本隆之、上野明道、押尾茂:東日本大震災前後における奥羽大学学生の食事・栄養調査−BDHQを用いた解析− 日本食生活学会誌 2013 ; 24:124-129.

  9. Effect of fetal exposure to bisphenol A on brain mediated by X-chromosome inactivation. Kumamoto T, Oshio S. J Toxicol Sci. 2013; 38:485-94.

  10. Fetal exposure to diesel exhaust affects X-chromosome inactivation factor expression in mice. Kumamoto T, Tsukue N, Takano H, Takeda K, Oshio S. J Toxicol Sci. 2013; 38: 245-54.

  11. Exposure to diesel exhaust during fetal period affects behavior and neurotransmitters in male offspring mice. Yokota S, Moriya N, Iwata M, Umezawa M, Oshio S, Takeda K. J Toxicol Sci. 38:13-23.2013

  12. 日本で採取した送風黄砂がマウス造精機能及び精子運動能に与える影響 吉田成一, 西川雅高, 押尾茂, 賀淼, 市瀬孝道 大気環境会誌 2013; 48:175-180.

  13. Evaluation of the testicular toxicity of prenatal exposure to bisphenol A based on microarray analysis combined with MeSH annotation. Tainaka H, Takahashi H, Umezawa M, Tanaka H, Nishimune Y, Oshio S, Takeda K. J Toxicol Sci.  2012; 37:539-48.

  14. Evaluation of testicular toxicology of doxorubicin based on microarray analysis of testicular specific gene expression. Takahashi H, Tainaka H, Umezawa M, Takeda K, Tanaka H, Nishimune Y, Oshio S. J Toxicol Sci. 2011; 36:559-67.

  15. 郡山薬剤師会における「薬と健康の週間」の取り組み「第3回まるごとけんこうフェア」での相談事例 波多江崇、押尾茂、阿部崇、田中智明、田中康博、橋本智恵子、橋本直也、橋本ひとみ、鳩山栄志、星守、山田善之進、横田高太郎、若松勝、東海林徹 クリニカルファーマシスト 2011; 3: 191-3.


研究

本研究室では、健康影響を評価する指標として、生命にとって最も重要な“生殖”、その中でも、とくに雄性生殖機能に及ぼす影響を中心に研究を行っています。さて、最近、「生活習慣病胎児期発症説(Developmental Origins of Health and Disease)」と呼ばれる学説が唱えられています。これは、妊娠期や成長期にある種の化学物質等に曝露されると、産まれた子供に表面的な異常(外表奇形)はすぐには認められないものの、彼らが青少年や大人になってから異常(疾病)が現れるというものです。私たちはこの学説を視野に入れ、今までにディーゼル排ガス曝露、PM2.5の本体であるナノ粒子の胎仔期曝露により、生まれた雄が成獣になってから精子形成能が低下することや神経系の発達が障害を受けることなどを報告しています。現在は、主としてマウスを用いて妊娠期に化学物質曝露を実施し、その次世代への影響について雄性生殖機能(精子・精巣系)を指標として評価・検討しています。


所属学会・団体名

主な所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本衛生学会
  • 日本毒性学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本アンドロロジー学会
  • 精子形成・精巣毒性研究会
  • 内分泌攪乱化学物質学会(環境ホルモン学会)

学会活動(現職)

  • 精子形成・精巣毒性研究会 代表世話人
  • 精子研究会 世話人

社会活動(現職)

  • 一般社団法人 郡山薬剤師会 副会長
  • 公益社団法人 郡山市健康振興財団 理事
  • 一般社団法人 福島県薬剤師会研究倫理審査委員会委員
  • 福島県毒劇物取扱者試験委員
  • 福島県薬物乱用防止員


奥羽大学

〒963-8611
福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL.024-932-8931