新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 本多真史講師(歯学部:日本語学)が市民講座(富久山楽ゆう塾)を行いました

本多真史講師(歯学部:日本語学)が市民講座(富久山楽ゆう塾)を行いました

2019.07.22

 令和元年7月16日、本多真史歯学部講師は、「方言の知られざる力を学ぼう!~被災地の人々の心の支えに~」と題し、福島県郡山市富久山町の住人を対象とした市民講座(富久山楽ゆう塾)を行いました。
 授業では、被災地における研究活動の様子、「生きた言葉としての方言」はそこに住む人々を精神的に支え続けていること、方言の持つ効果などが紹介されました。その他、郡山方言の特徴について学んだり、それに関する問題(クイズ形式)が出されたりしました。会場は和やかな雰囲気に包まれつつも、鋭い質問が出るなど、受講生たちは真剣な表情で聞き入っていました。授業終了後には、「普段使っている方言に、このような効果があったとは知らなかった」などの感想も聞かれ、受講生たちは、方言に対する価値を見直したようでした。