新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 研究倫理・研究不正防止に関する大学院特別研修セミナーを開催しました

研究倫理・研究不正防止に関する大学院特別研修セミナーを開催しました

2018.10.15

 研究倫理・研究不正防止に関する平成30年度第3回大学院特別研修セミナーが、10月12日(金)に第3講義棟332教室で開催されました。講師は、国立循環器病研究センター医学倫理研究部長の松井健志博士で、臨床研究において最も考えなくてはならない被験者の人権に対してどのような態度で臨んでいるのかを学ぶ貴重な講演でした。単に研究倫理に関するガイドラインや規則を守ることに終始するのではなく、医療者・研究者としての正しい倫理観に基づいた医療行為及び研究活動を行う重要性が再認識できました。当日は、歯学部教員・薬学部教員・大学院生の計138名が参加しました。