新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 日本歯科医療管理学会東北支部第21回学術大会で本学歯学部学生が学会発表をしました

日本歯科医療管理学会東北支部第21回学術大会で本学歯学部学生が学会発表をしました

2017.11.27

 日本歯科医療管理学会東北支部第21回学術大会が平成29年11月26日(日曜日)に仙台の宮城県歯科医師会館で開催されました。一般演題として本学歯学部学生が下記の3演題を発表しました。会場からは、学生の発表に対し、「新しいフレッシュな風が学会に吹き込んできたようだ。」という声が相次ぎ、学会後の懇親会でも、学生たちを歓迎するムードで盛り上がり、多くの先生方が本学学生に声をかけて下さいました。学生の学会発表は、本学学生たちだけでなく、学会にとっても有意義な事であると思われます。

■歯学部学生における歯科医療管理の早期体験プログラム
 -エレクティブスタディの紹介-
 遠藤江里沙(奥羽大学歯学部 第3学年)

■歯学部学生が主体で作成した歯科医院向け医療安全管理の動画(その1)
 -歯科医院における患者の体調不良時の誤った対応編-
 早川百合恵(奥羽大学歯学部 第4学年)

■歯学部学生が主体で作成した歯科医院向け医療安全管理の動画(その2)
 -歯科医院における患者の体調不良時の正しい対応編-
 斎藤 諒(奥羽大学歯学部 第3学年)