学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 教員紹介 > 横田 理 助教

教員紹介

横田 理 助教 [Satoshi Yokota]

担当授業科目
    • 生物学Ⅱ (1年)
    • 基礎薬学演習Ⅱ(1年)
    • 薬学基礎実習 (1年)
    • 生物系実習Ⅱ (2年)
    • 公衆衛生学I (3年)
    • 細胞生物学 (3年)
    • 衛生薬学実習 (3年)
    • 保健衛生学 (4年)
    • 総合薬学演習Ⅰ(4年)
    • 総合薬学演習Ⅱ(6年)

    主な研究
    研究テーマ
    1. 脳神経疾患発症の増悪化機構の解明-衛生学からのアプローチ-
    2. 精子形成における栄養素の役割に関する細胞生物学的研究
    3. 環境要因による多世代・経世代影響 (獲得形質) の動作原理の解明

    主要な研究論文
    1. Yokota S, Oshio S, Takeda K: In utero exposure to diesel exhaust particles induces anxiogenic effects on male offspring via chronic activation of serotonergic neuron in dorsal raphe nucleus.
      J Toxicol Sci. 41(5):583-93 (2016). http://dx.doi.org/10.2131/jts.41.583
      :Corresponding Author
    2. Yokota S, Oshio S, Moriya N, Takeda K: Social Isolation-Induced Territorial Aggression in Male Offspring is Enhanced by Exposure to Diesel Exhaust during Pregnancy.
      PLoS One. 11 (2): e0149737 (2016) http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0149737
      :Corresponding Author
    3. Yokota S, Sato A, Umezawa M, Oshio S, Takeda K: In utero exposure of mice to diesel exhaust particles affects spatial learning and memory with reduced N-methyl-D-aspartate receptor expression in the hippocampus of male offspring.
      Neurotoxicology. 50: 108-115. (2015) http://dx.doi.org/10.1016/j.neuro.2015.08.009
      :Corresponding Author
    4. Kubo-Irie M, Uchida H, Mastuzawa S, Yoshida Y, Shinkai Y, Suzuki K, Yokota S, Oshio S, Takeda K: Dose-dependent biodistribution of prenatal exposure to rutile-type titanium dioxide nanoparticles on mouse testis.
      J Nanopart Res. 16: 2284-2286. (2014) http://dx.doi.org/10.1007/s11051-014-2284-7
    5. Yokota S, Hori H, Umezawa M, Kubota N, Niki R, Yanagita S, Takeda K: Gene expression changes in the olfactory bulb of mice induced by exposure to diesel exhaust are dependent on animal rearing environment.
      PLoS One. 8 (8): e70145 (2013) http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0070145
      :Corresponding Author
    6. Yokota S, Moriya N, Iwata M, Umezawa M, Oshio S, Takeda K: Exposure to diesel exhaust during fetal period affects behavior and neurotransmitters in male offspring mice.
      J Toxicol Sci. 38 (1): 13-23. (2013) http://doi.org/10.2131/jts.38.13
      :Corresponding Author
    7. Takeda K, Shinkai Y, Suzuki K, Yanagita S, Umezawa M, Yokota S, Tainaka H, Oshio S, Ihara T, Sugamata M: Health Effects of Nanomaterials on Next Generation.
      YAKUGAKU ZASSHI. 131 (2): 229-236. (2011)
    8. Yokota S, Mizuo K, Moriya N, Oshio S, Sugawara I, Takeda K: Effect of prenatal exposure to diesel exhaust on dopaminergic system in mice.
      Neurosci Lett. 449 (1): 38-41. (2009) http://doi.org/10.1016/j.neulet.2008.09.085

    専門分野

    分子予防医学、衛生学、神経毒性学、組織細胞生物学、行動科学


    経歴
    【2007年3月】
    東京理科大学 薬学部 製薬学科 卒業 (薬剤師免許 取得)
    【2013年3月】
    東京理科大学大学院 薬学研究科薬学専攻 博士後期課程 修了 博士 (薬学)
    (日本学術振興会 特別研究員 (DC2))
    【2013年4月-2015年3月】
    立命館大学 総合科学技術研究機構 ポストドクトラルフェロー
    【2015年4月-現在】
    奥羽大学 薬学部 生物・衛生化学分野 助教

    競争的資金の受領実績
    1. 日本学術振興会 若手研究 (B) 課題番号: 17K15854 (2017年-2019年) 研究代表者
    2. 公益財団法人 上原記念生命科学財団 平成28年度研究奨励金 (2017年-2018年) 研究代表者
    3. 日本私立学校振興・共済事業団 平成29年度学術研究振興資金 (若手研究者奨励金) (2017年-2018年) 研究代表者
    4. 研究推進プログラム若手研究 (2014年-2015年) 研究代表者
    5. 立命館大学 専門研究員プログラム (2014年-2015年) 研究代表者
    6. 日本学術振興会 特別研究員奨励費 (DC2) 課題番号: 22・5895 (2010年-2012年) 研究代表者

    所属学会・団体名
    • 日本薬学会
    • 日本毒性学会
    • 日本DOHaD学会
    • 国際 DOHaD 学会
    • Society for Neuroscience

    〈学生へのメッセージ〉

     大学生活において一番大事なことは、個性を伸ばすことだと思います。講義を受けて自習し薬剤師としての素養を学ぶだけではなく、部活動やサークル、アルバイトなどを通じて様々な形で学びの場を設け、自分の将来の可能性を拡げていって下さい。
     講義を含め大学生活における様々な場面で、皆さんに貢献できればと思います。


    E-mail

    s-yokota@pha.ohu-u.ac.jp