学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 教員紹介 > 竹元 万壽美 教授

教員紹介

竹元 万壽美 教授 [Masumi Takemoto]

担当授業科目
  • 有機化学Ⅲ
  • 医薬品化学
  • 医薬品化学工
  • サプリメント概論
  • 化学系実習
  • 特別実習

研究
研究テーマ
  1. 生体触媒を用いた効率的天然物合成法の開発
  2. 酵素法による立体選択的合成法に関する研究
  3. 酵素法によるプロセス合成法の開発
  4. 酵素法による茶微量成分のプロセス合成

平成20-25年度静岡県・静岡市地域結集型研究開発プログラム(科学技術振興機構)
「静岡発世界を結ぶ新世代飲料と素材の開発」
分担テーマ
紅茶テアフラビン含有飲料の製造法の開発と機能性検証
紅茶テアフラビン含有食品の製造法の開発と機能性検証


研究論文
  1. M. Takemoto, H. Takemoto, H. kouno, T. Soeda, T. Moriya:A simple, enzymatic biotransformation method using fresh green tealeaves efficiently generates theaflavin-containing fermentation water that has potent physiological functions in mice and humans.
    Biol. Pharm. Bull., in press. (2017).
  2. M. Takemoto, H. Takemoto, R. Saijo: Theaflavin synthesized in a selective, domino-type, one-pot enzymatic biotransformation method with Camellia sinensis cell culture inhibits weight gain and fat accumulation to high-fat diet-induced obese mice.
    Biol. Pharm. Bull., 39, 1347-1352(2016).
  3. M. Takemoto, H. Takemoto, A. Sakurada: Synthesis of Theaflavins with Camellia sinensis cell culture and inhibition of increase in blood suger values in high-fat diet mice subjected to sucrose or glucose loading. Tetrahedron Lett., 55, 5038-5040(2014).
  4. T. Takahara, J. Hou, K. Kawai, T. Sugiyama, K. Tsukada, M. Takemoto, M.Takeuchi, L. Zhong, X-Kang Li:
    Theaflavin attenuates ischemica-reperfusion injury in a mouse fatty liver model, Biochemical and Biophysical Research Communications, 7, 287-293(2012)
  5. M. Takemoto:
    Novel theaflavin tea and functionals against lifestyle-related disease.
    Proceedings of the 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science (ICOS) 2010.
  6. H. Takemoto,Y. Kobayashi, M. Takemoto:
    Attenuation of stress-induced excitatory behaviors in mice by theaflavins.
    Proceedings of the 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science (ICOS) 2010.
  7. E. Shida, K. Mochizuki, T. Asanuma, Y. Kitsukawa, K. Miyake, T. Watase, T. Suzuki, M. Takemoto:
    Optimization of theaflavin formation from shredded fresh tea leaves in due amount of water. Proceedings of the 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science (ICOS) 2010.
  8. Y. Sekiguchi, Y. Yabushita, Y. Azuma, Y.Sakabe, M. Takemoto:
    Development of manufacturing process for theaflavin extract by Fermentational method using raw tea leaves.
    Proceedings of the 4th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science (ICOS) 2010.
  9. M. Takemoto,* Y. Iwakiri and K. Tanaka:
    Oxidative Cleavage Reaction of Substituted Indoles Catalyzed by Plant Cell Cultures.
    Heterocycles., 72, 373-383 (2007).
  10. M. Takemoto, Y. Matsuoka, K. Tanaka and J. P. Kutney:
    Dediastereomerization of Dibenzylbutanolides by Plant Cell Cultures.
    Heterocycles., 70, 271-278 (2006).
  11. Y. Aoshima and M. Takemoto:
    Increase in Peroxidase Activity in Tea Callus in Response to Darkness,
    2,4-Dichlorophenoxyacetic Acid and Carbohydrates.
    Plant Biotechnology, 23, 405-408 (2006).
  12. M. Takemoto, Y. Hongo, Y. Aoshima, and J. P. Kutney:
    Oxidative Cyclization Reaction of Dibenzylbutanolides with Combined Utilization of Synthetic Chemistry and Biotechnological Methods.
    Heterocycles., 69, 429-436(2006).
  13. M. Takemoto,* A. Fukuyo, Y. Aoshima, and K. Tanaka:
    Synthesis of Lioniresinol with Combined Utilization of Synthetic Chemistry and
    Biotechnological Methods.
    Chem. Pharm. Bull., 54, 226-229 (2006).
  14. M. Takemoto*, Y. Iwakiri, Y. Suzuki and K. Tanaka:
    A Mild Procedure for the Oxidative Cleavage of Substituted Indoles Catalyzed by Plant Cell Cultures.
    Tetrahedron Lett., 45, 8061-8064 (2004).
  15. M. Takemoto*, Y. Suzuki and K. Tanaka:
    Enantioselective Oxidative Coupling of 2-Naphthol Derivatives Catalyzed by Camellia Sinensis Cell Culture.
    Tetrahedron Lett., 43, 8499 (2002).
  16. M. Takemoto*, Youichi Aoshima, Nikolay Stoynov and James Peter Kutney:
    Establishment of Camellia Sinensis Cell Culture with High Peroxidase activity and Oxidative Coupling Reaction of Dibenzylbutanolides.
    Tetrahedron Lett., 43, 6915 (2002).
  17. M. Takemoto*, Y. Matsuoka, K. Achiwa, K.Tanaka, and J. P. Kutney:
    Enzyme-Catalyzed Dediastereomerization of Dibenzylbutanolides by Plant Cell Cultures Heterocycles., 56, 227 (2002).
  18. M. Takemoto* and K. Tanaka:
    Synthesis of Optically active α-Phenylpyridylmethanols by Camellia Sinensis Cell cultures.
    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 15, 173 (2001).
  19. M. Takemoto* and K. Achiwa:
    Synthesis of Styrenes through the Biocatalytic Decarboxylation of trans-Cinnamic acids by Plant Cell Cultures.
    Chem. Pharm. Bull., 49, 639-641 (2001).
  20. M. Takemoto*, Y. Matsuoka, K. Achiwa and J. P. Kutney:
    Biocatalytic Dediastereomerization of Dibenzylbutanolides by Plant Cell Cultures.
    Tetrahedron Lett. 41,499-502 (2000).

受賞歴
  • 薬学研究奨励財団研究助成 竹元万壽美[植物培養細胞による天然型ポドフィロトキシン及びタキサン骨格構築法の開発研究]1997年3月
  • 学術奨励賞:茶学術研究会 竹元万壽美「テアフラビン高含有茶の開発」2010年3月

所属学会・団体名
  • 日本薬学会

その他
略歴
  • 【1954年】静岡市生まれ
  • 【1977年】静岡県立静岡薬科大学卒
  • 【1979年】静岡県立静岡薬科大学助手
  • 【1986年】薬学博士(静岡薬科大学論博第134号)
  • 【1994年】カナダ・ブリティッシュコロンビア大学客員研究員
  • 【2001年】静岡県立大学薬学部講師
  • 【2011年】静岡県立大学薬学部准教授
  • 【2011年】奥羽大学薬学部教授、静岡県立大学薬学部客員教授

免許
  • 【1977年】薬剤師
  • 【1977年】臨床検査技師

免許
  • 【1964年】珠算(全日本珠算連盟)1級
  • 【1966年】珠算(日本商工会議所)1級
  • 【1969年】英語(実用英語検定)2級
  • 【1979年】機械編み(ブラザー認定講師免許状)

特許(産業財産権)
  1. 竹元万壽美:生活習慣病及び改善剤、特許5614674(2014.9.19.).
  2. 竹元万壽美:発酵茶飲料の製造方法 特許5472093(2014.2.14.).
  3. 竹元万壽美:テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法 特許5472092(2014.2.14)
  4. 竹元万壽美:テアフラビンの選択的製造方法 特許5260516(2013.5.2)
  5. 竹元万壽美:テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法、特許ZL2009801109363.4(2013.4.24 中国 特許査定).
  6. 竹元万壽美:穀粉食品及び穀粉食品の製造方法 特許5435585(2013.2.20)
  7. 竹元万壽美:メチル化カテキン含有発酵茶飲料 特許5419296(2013.2.19)
  8. 竹元万壽美:発酵茶飲料製造方法、特許GB2483311(2013.2.06 英国 特許査定).
  9. 竹元万壽美:テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法、特許GB2471250(2013.1.30 英国 特許査定).
  10. 竹元万壽美:テアフラビン類の合成方法 特許4696302(2011.3.11)
  11. 竹元万壽美:生茶葉を用いたテアフラビン類の製造方法 特許4817206(2011.9.9)

出願特許(産業財産権)
  1. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法
    中国、ケニア、イギリス、インドネシア(出願手続き中).
  2. 発酵茶飲料の製造法
    中国、ケニア、イギリス、インドネシア(出願手続き中).
  3. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法
    アメリカPCT/2009/001391(2010.9.27)
  4. 発酵茶飲料の製造法
    アメリカPCT/2009/001394 (2010.9.27)
  5. 穀粉食品及び穀粉食品の製造方法 特願2010-214123 (2010.9.24)
  6. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法
    特願2010-505363 (2010.7.27) PCTから国内移行
  7. 発酵茶飲料の製造法
    特願2010-505366 (2010.7.27) PCから国内移行
  8. メチル化カテキン含有発酵茶飲料
    特願2010-505367 (2010.4.8)PCTから国内移行
  9. 竹元万壽美、関口、阿野:加熱された生茶葉と微生物用培養培地で培養された茶細胞とを用いるテアフラビンの製造方法
    特願2010-505367 (2010.2.24)
  10. 生活習慣病予防及び改善剤
    特願2009-217630 (2009.9.28).
  11. 生茶葉を用いたパン類及びその製造方法
    特願2009-218727 (2009.9.28).
  12. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法
    PCT/JP2009/001391 (2009.3.27).
  13. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法
    0901001380 (タイ)(2009.3.27)
  14. テアフラビン類を豊富に含む発酵茶飲料の製造方法 098110135
    (タイ) (2009.3.27)
  15. 発酵茶飲料の製造法
    0901001380 PCT/JP2009/001394(2009.3.27)
  16. 発酵茶飲料の製造法
    0901001382 (タイ)(2009.3.27)
  17. 発酵茶飲料の製造法
    098110138 (台湾) (2009.3.27)
  18. メチル化カテキン含有発酵茶飲料
    PCT/JP2009/001395 (2009.3.27)
  19. メチル化カテキン含有発酵茶飲料
    0901001383(タイ)(2009.3.27)
  20. メチル化カテキン含有発酵茶飲料
    098110139 (台湾) (2009.3.27)
  21. 生茶葉を用いたテアフラビン類の製造方法
    PCT/JP2009/001393 (2009).
  22. 生活習慣病予防及び改善剤
    特願2009-217630 (2009).
  23. 生茶葉を用いたパン類及びその製造方法
    特願2009-218727 (2009).
  24. 生茶葉を用いたテアフラビン類の製造方法
    特願2008-087500 (2008).
  25. テアフラビンを豊富に含む発酵茶飲料
    特願2008-087491 (2008).
  26. 発酵茶飲料の製造方法
    特願2008-087504 (2008).
  27. メチル化カテキン含有発酵茶飲料
    特願2008-087516 (2008).
  28. テアフラビンの選択的製造方法
    PCT/JP2008/062579 (2008).
  29. 荒畑榮、竹元万壽美:加工茶葉の製造方法並びに加工茶葉
    特願2007-043705 (2007).
  30. テアフラビンの選択的製造方法
    特願2007-182217 (2007).
  31. テアフラビン類の合成方法
    特願2005-341473 (2005).

特許技術による市販化された開発商品
  1. 荒畑園 『べにふうき』
    [荒畑榮、竹元万壽美:加工茶葉の製造方法並びに加工茶葉 特願2007-043705(2007)]
    メチル化カテキンは花粉症に効果があると報告されている成分であり、紅茶品種紅富貴に多く含有されているが非常に苦い。紅富貴を紅茶製法で紅茶にするとメチル化カテキンが消失するため緑茶製法が推奨されている。本商品べにふうきは、紅茶成分テアフラビンを若干生成させた紅茶製法でありながらメチル化カテキンを100%残存させ、メチル化カテキンの苦みを軽減させた非常に美味しい紅茶風味べにふうきの粉末茶である。
  2. 株式会社岡崎 『長寿紅麺』、『生茶葉麺』
    [竹元万壽美: 穀粉食品及び穀粉食品の製造方法 特願2010-214123 (2010.9.24)の特許出願技術の実用化]
    緑茶カテキンより機能性が高いと報告されているスーパーカテキン:テアフラビン(紅茶の主成分)を機能性食品に用いる場合は、紅茶などから抽出した成分を製造工程で添加するケースが通常である。しかし、テアフラビンは安価な紅茶にはほとんど含まれておらず抽出できる成分量が少なく価格がカテキンに比べ非常に高価であることが普及のネックであった。(テアフラビン1mg 15,000円)本出願特許技術は通常の麺類を製造しながら、原料として安心、安全な生茶葉を機能性誘発材料として用いることによりスーパーカテキン:テアフラビン(抗菌、抗腫瘍、抗発ガンプロモーション、血糖値上昇抑制、内蔵脂肪沈着抑制、血小板凝集阻害活性など)を生成させるだけでなく、プーアール茶成分(没食子酸:肥満抑制効果)や、麺類に不足な必須アミノ酸リジンを生成させた実用化商品である。味、もちもち感に優れた生活習慣病に役立つ新タイプの機能性麺である。
    長寿紅麺及び生茶葉麺の動物実験による機能性検証結果:高脂肪食誘発肥満モデルマウス(C57BL6)の4週齢の雄性マウスを用い①茶葉無し麺②やぶきた発酵茶麺③紅富貴発酵茶麺で脂質吸収抑制作用、糖吸収抑制作用、抗肥満作用、生活習慣病予防に向けた機能性につき検証を行った(実験期間:2ヶ月間)。その結果①糞量増量効果(茶葉無し麺の70%増量)、②随時血糖値減少効果、③臓器周囲脂肪量減少効果、③皮下脂肪量減少効果、④血清中性脂肪値減少効果(茶葉無し麺に比べ50%減少)、⑤血清総脂質量減少効果、⑥動脈硬化指数減少効果 が統計学的に有意に認められた。

新聞掲載 記事
  • 2011年3月2日 日経新聞
    抗酸化、抗菌性強いテアフラビン入り機能性食品の製造技術
  • 2009年5月27日 中日新聞
    メタボに効果!?発酵茶飲料 静岡県立大など製造技術開発
  • 2004年10月28日 静岡新聞
    創薬探索の現場(25)環境に優しい医薬合成:天然素材の茶を利用

日本薬学会ハイライト
  1. 竹元万壽美、鈴木祐喜、田中圭、青島洋一:
    環境調和型茶酸化酵素による2-ナフトール誘導体の不斉酸化的カップリング反応(驚異の緑茶パワー:金属錯体触媒を超えることができるか。)日本薬学会第123年会ハイライト集p10.
  2. 竹元万壽美、福与綾子、田中圭、青島洋一:
    茶ペルオキシダーゼによるジベンジルブタノリドの酸化的閉環反応(緑茶による医薬合成法のグリーン改革)日本薬学会第122年会ハイライト集p10.

書籍
  • 茶の効能と応用開発:【分担執筆】茶培養細胞を用いた医薬品合成
    シーエムシー出版 273-282 (2006).
  • お茶がリードする21世紀の科学
    月刊「茶」, 1, 30-31 (2001).