学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 教員紹介 > 大原 宏司 助教

教員紹介

大原 宏司 助教 [Hiroshi Ohara]

担当授業科目
  • 医療薬学総論
  • 事前学習
  • 病院・薬局実務実習
  • チーム医療学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 薬と病態チュートリアル

主な研究
主な研究テーマ
  1. 表皮角化細胞における細胞外ATPの機能解析
  2. 肺線維症における細胞外ATPの機能解析
  3. 薬剤師業務の実態調査研究

最近の主な研究論文
  1. Majima T., Sasaki K., Ohara H., Takahashi N.: Eicosapentaenoic acid blocks cyclosporin A-indused pancreatic dysfanction but not immunosuppression. Journal of applied Pharmaceutical Science, in press, (2017).
  2. 大原宏司, 松崎哲也, 早坂正孝: ビオチン添加末梢静脈栄養輸液におけるCandida albicansの増殖性に関する研究. 環境感染誌, 32(1), 29-33, (2017).
  3. 兼平幸宗, 戸上紘平, 小林亮太, 谷本裕幸, 大原宏司, 多田均, 丁野純男: フェキソフェナジンの消化管吸収における配合薬プソイドエフェドリン及び栄養成分の影響. 応用薬理 Oyo Yakuri Pharmacometrics, 91(3/4), 69-76, (2016).
  4. 浅野二未也, 小原拓, 佐藤倫広, 大原宏司, 山口浩明, 早坂正孝, 眞野成康, 村井ユリ子: 出生児の神経管閉鎖障害リスク低下を目的とした葉酸摂取に関する地域の薬剤師の認識と推奨の割合と要因. 医薬品相互作用研究, 40 (1-2), 14-20 (2016).
  5. 高橋敦史, 小原拓, 大原宏司, 佐藤倫広, 浅野二未也, 小野木弘志, 早坂正孝, 佐藤博, 眞野成康, 村井ユリ子: 葉酸による出生児の神経管閉鎖障害リスク低下効果に関する薬学生の認識. 医薬品情報学会誌, 17(4), 185-191, (2016).
  6. 武井佐和子, 大原宏司, 影山美穂, 戸張裕子, 別生伸太郎, 濱田真向, 井上みち子, 三溝 和男, 倉本 敬二: 先発・後発輸液製剤の物理化学的性質に関する検討. 医薬品相互作用研究, 39(2), 9-16, (2016).
  7. 大原宏司, 佐藤瑛典, 小原拓, 佐藤大悟, 紺野慈, 早坂正孝, 伊藤鍛, 塩川秀樹: 病院薬剤部における東日本大震災後の防災対策. 日本病院薬剤師会雑誌, 52(1), 53-58, (2016).
  8. 伊藤鍛, 大原宏司, 早坂正孝: 奥羽大学薬学部の事前学習の概要. 医薬品相互作用研究, 38(2), 31-35, (2014).
  9. Saito R., Hirakawa S., Ohara H., Yasuda M., Yamazaki T., Nishii S., Aiba S.: Nickel differentially regulates NFAT and NF-κB activation in T cell signaling. Toxicology and Applied Pharmacology, 254, 245-255, (2011).
  10. Hirakawa S., Saito R., Ohara H., Okuyama R., Aiba S.: Dual oxidase 1 induced by Th2 cytokines promotes STAT6 phosphorylation via oxidative inactivation of protein tyrosine phosphatase 1B in human epidermal keratinocytes. Journal of Immunology, 186, 4762-4670, (2011).
  11. Ohara H., Saito R., Hirakawa S., Shimada M., Mano N., Okuyama R., Aiba S.: Gene expression profiling defines the role of ATP-exposed keratinocytes in skin inflammation. J. Dermatol. Sci., 58, 143-151, (2010).
  12. Yamaguchi H., Okada M., Akitaya S., Ohara H., Mikkaichi T., Ishikawa H., Sato M., Matsuura M., Saga T., Unno M., Abe T., Mano N., Hishinuma T., Goto J.: Transport of fluorescent chenodeoxycholic acid via the human organic anion transporters OATP1B1 and OATP1B3. Journal of Lipid Research, 47, 1196-1202, (2006).

  13. 所属学会・団体名
    • 日本薬学会
    • 日本医療薬学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本研究皮膚科学会
    • 日本医薬品情報学会
    • 医薬品相互作用研究会
    • 日本医療マネジメント学会
    • 日本薬剤師会
    • 郡山薬剤師会
    • 福島県病院薬剤師会
    E-mail

    h-ohara@pha.ohu-u.ac.jp