学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 教員紹介 > 西屋 禎 教授

教員紹介

西屋 禎 教授 [Tadashi Nishiya]

担当授業科目
  • 新薬概論
  • 薬理学実習
  • 特別実習

薬の効き方と作用点、生体内で生み出される生理活性物質、末梢神経に作用する薬と生体反応


担当授業科目の特徴

人体に対する薬の作用を疾患発症機構と絡めて分子レベルで理解することを目的としています。これらの授業は、薬を安心・安全に患者さんへお届けする上で極めて大切な基礎学問です。薬の名前から始まり、その構造式、作用機序、適用疾患、副作用などを総合的に学びます。


主な研究
研究テーマ
  1. 蛋白質分解系の生理機能とその異常によって起こる疾患の解明
  2. 脱リン酸化酵素CDC14Aの生理機能の解明

主な研究論文
  1. Matsumoto K, *Nishiya T, Maekawa S, Horinouchi T, Ogasawara K, Uehara T, Miwa S:The ECS(SPSB) E3 ubiquitin ligase is the master regulator of the lifetime of inducible nitric-oxide synthase. Biochem. Biophys. Res. Commun. 409(1), 46-51, 2011. *Corresponding author.
  2. *Nishiya T, Matsumoto K, Maekawa S, Kajita E, Horinouchi T, Fujimuro M, Ogasawara K, Uehara T, Miwa S:Regulation of inducible nitric-oxide synthase by the SPRY domain- and SOCS box-containing proteins. J. Biol. Chem. 286(11), 9009-9019, 2011. *Corresponding author.
  3. *Nishiya T, Kajita, E, Horinouchi T, Nishimoto A, Miwa S:Distinct roles of TIR and non-TIR regions in the subcellular localization and signaling properties of MyD88. FEBS Lett. 581, 3223-3229, 2007. *Corresponding author.
  4. Drozina G, Kohoutek J, Nishiya T, Peterlin BM:Sequential modifications in CIITA isoform 1 induced by LPS stimulate MHC II transcription in macrophages. J. Biol. Chem. 281, 39963-39970, 2006.
  5. Kajita E, *Nishiya T, Miwa S:The transmembrane domain directs TLR9 to intracellular compartments that contain TLR3. Biochem. Biophys. Res. Commun. 343, 578-584, 2006. *Corresponding author.
  6. *Nishiya T, Kajita E, Miwa S:Ligand-independent oligomerization of TLR4 regulated by a short hydrophobic region adjacent to the transmembrane domain. Biochem. Biophys. Res. Commun. 341, 1128-1134, 2006. *Corresponding author.
  7. Nishiya T, Kajita E, Miwa S, DeFranco AL:TLR3 and TLR7 are targeted to the same intracellular compartments by distinct regulatory elements. J. Biol. Chem. 280, 37107-37117, 2005. Selected for cover issue and JBC paper of the week.
  8. Nishiya T, DeFranco AL:Ligand-regulated chimeric receptor approach reveals distinctive subcellular localization and signaling properties of the Toll-like receptors. J. Biol. Chem. 279, 19008-19017, 2004

所属学会・団体名
  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会

その他
略歴
  • 【1994年3月】北海道大学薬学部 卒業
  • 【1997年4月-1999年3月】日本学術振興会特別研究員
  • 【1999年3月】北海道大学大学院薬学研究科博士課程修了(博士(薬学))
  • 【1999年5月-2000年2月】米国立衛生研究所(NIH)研究員
  • 【2000年3月-2005年2月】カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)研究員
  • 【2005年2月-2006年9月】北海道大学大学院医学研究科細胞薬理学分野 助手
  • 【2006年10月-2011年9月】同講師
  • 【2011年10月-2014年3月】岡山大学大学院医歯薬学総合研究科薬効解析学分野 准教授
  • 【2014年4月-現在】奥羽大学薬学部 教授

免許
  • 【1997年12月】薬剤師(第327499号)

E-mail

t-nishiya@pha.ohu-u.ac.jp