学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 教員紹介 > 熊本 隆之 講師

教員紹介

熊本 隆之 講師 [Takayuki Kumamoto]

担当授業科目
  • 環境衛生学Ⅰ(2年)
  • 環境衛生学Ⅱ(3年)
  • サプリメント概論(3年)
  • 食品衛生学(3年)
  • 衛生薬学実習(3年)
  • 衛生薬学演習(4年)
  • 放射化学実習(3年)
  • 総合薬学演習Ⅰ・Ⅱ(4、6年)
  • 特別実習(6年)

研究
研究テーマ
  1. 化学物質・医薬品の周産期曝露が次世代に及ぼす影響
    『X染色体不活性化を中心とした新たな毒性メカニズムに関する研究』
     X染色体不活性化は胎生期に起きる現象ですが、これがうまく行かないと脳や免疫、生殖、代謝系の発達など様々な影響が生じます。この現象はXistとTsixというわずか2つの遺伝子とエピジェネティクス(後天的な遺伝子発現の調節)で成り立っていることが知られています。様々な化学物質や医薬品が胎盤を通過して胎児に作用し、成人になるまで多様な影響をもたらすことが報告されていますが、もしX染色体不活性化を乱してしまう毒性機構があるならば、全く新しいメカニズムとしてこれらの影響をより明確に説明できるようになるばかりか、なぜ同時に複数の影響をもたらすのか一元的に説明できるのではないか明らかにすることができます。さらに、毒性バイオマーカー(生物的指標)に活用することで医薬品や化学物質のより安全な開発に貢献できることが期待できます。
     また近年、DOHaD (Developmental Origins of Health and Disease)という、生活習慣病をはじめとした成人期の様々な疾病が周産期にその素因が形成され、その後の環境により発症に至るという仮説に対して多くの科学的根拠が蓄積されつつありますが、X染色体不活性化もその機序になりうるのではないか、そこから防御策の提案(=疾病予防、医療経済への貢献)を行えるのではないかと考え、研究を進めています。
  2. 栄養調査、生殖毒性評価、水質調査、環境中に存在する医薬品の生態毒性 等

研究論文
総説:日本衛生学会誌(2018),環境ホルモン学会誌(2017)、バイオクリン誌(2016)、バイオクリニカ誌(2016) URL: http://researchmap.jp/tkumamoto
所属学会・団体名
  • 日本毒性学会
  • 日本先天異常学会
  • 日本DOHaD研究会
  • 日本薬学会
  • 日本衛生学会
  • 日本アンドロロジー学会
  • 日本食生活学会
  • 内分泌攪乱化学物質学会
  • 福島県病院薬剤師会

その他

内閣府食品安全委員会事、品健康影響評価技術課題「発生毒性試験における胎児形態異常に関する背景データ収集およびフルシトシン誘発性過剰肋骨の発現機序から考察する骨格変異の毒性学的意義に関する研究」研究分担者(No.1609)

研究費 若手B「X染色体 不活性化を中心とした妊娠期環境の後天的影響と防御策の実験的検証」研究代表者(研究課題番号No.16K19691)

公益財団法人 日本環境教育機構 「化学物質の環境リスクが一目でわかる環境教育教材の開発とその教育実践」研究分担者

科研費 挑戦的萌芽研究「X染色体を中心とした新たな化学物質毒性メカニズムの体系化と影響評価システムの構築」研究代表者(研究課題番号No.23651054)
公益財団法人 福島県学術教育振興財団助成金「教育用ロボットを用いる確かな学力の育成と福島の科学技術振興」研究分担者

受賞
  • 日本毒性学会 優秀研究発表賞 (第42回学術年会、2015年7月)
  • 東京理科大学博士会 学術奨励賞(2015年9月)

資格
  • 博士(薬学)
  • 日本毒性学会認定トキシコロジスト(毒性学専門家)
  • 薬剤師(日本薬剤師研修センター認定薬剤師・日本病院薬剤師会 認定薬剤師)
  • 健康食品管理士(日本食品安全協会)
  • 環境社会試験
  • 上級放射線ファーマシスト

略歴
  • 【2004年3月】東京理科大学薬学部 卒業
  • 【2006年3月】東京理科大学大学院薬学研究科 修士課程 修了
  • 【2006年4月】奥羽大学薬学部 助手 着任
  • 【2013年10月】博士(薬学)取得(東京理科大学)
  • 【2014年4月~2016年3月】奥羽大学薬学部 助教
  • 【2016年4月~現在】同 講師

E-mail

t-kumamoto@pha.ohu-u.ac.jp