学部・大学院

特長

1附属病院との連携で薬学を学習

附属病院との連携により、確かな知識と技術を備えた現場に強い薬剤師を養成します。医療現場の経験豊富な教員が、医薬品管理や服薬指導はもちろん、患者さんとの接し方、さらには薬剤師、医師、看護師が一体となって治療を行う「チーム医療」のあり方なども指導します。また、地域の薬局や製薬会社の協力を得て、職場見学やインターンシップも実施します。


2講義と実習、演習が連動した実践的な薬学教育の実施

講義と実習、演習が連動した実践的なカリキュラムで、基礎から応用へと段階的に着実に学ぶことができます。2年次、4年次、6年次には、それまで講義や実習で学んだ内容について、教科の枠を越えて総合的に理解が深まるよう、演習科目を設けており、国家試験に向けて確実にステップアップしていきます。


3コミュニケーション能力を磨き、豊かな人間性を醸成

薬剤師の仕事は単に薬を扱うだけでなく、患者さんや医師、看護師など人と接する仕事でもあります。良好な対人関係を築くうえで必要となるのが、コミュニケーション能力です。奥羽大学では、講義や実習などを通してその能力を磨いていきます。また、事前学習の中でSGDやPBL、学生同志のロールプレイを通して学んでいきます。


4特別実習(卒業研究)を通して問題発見・解決能力を養成

6年制薬学部においても、研究マインドを持つことはとても大切な事です。奥羽大学では4年次に研究室配属を行い、担当教員の指導のもと、6年夏の特別実習発表会、その後の研究論文提出までに確実に醸成していきます。