学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 学部長挨拶

学部長挨拶

薬学部長
薬学部長
衛藤 雅昭

一生涯貫く仕事を持つこと

近年、医療技術の高度化、医薬分業の進展など薬剤師を取り巻く環境は大きく変化しています。そのため、薬剤師に期待される職務は極めて多様化し、医薬品の安全投与、薬害の発生防止等について社会的要請が高まりつつあります。

活性の強い新薬の開発は、必然的に薬物治療に対する薬剤師の関与を強く必要とし、その結果、服薬指導等臨床薬学が薬剤師にとって重要な業務の一つとなっていいます。

これらの背景の中で、2006年に薬学教育6年制が導入されました。本大学薬学部は、2005年に4年制薬学部として設置され、2006年には6年制に移行しています。本大学薬学部は、これらの臨床医療、地域医療に役立つ豊富な知識と高度な技能を有する薬剤師を育成することを第一義的な目標として、主な教育課程が構成されています。併せて、生命倫理、コミュニケーション能力、患者中心の医療人としての心構えなどを学び、人間性豊かな薬剤師の育成を目指しています。

本薬学部は、豊富な教育・研究経験を持つ教授陣で組織され、臨床医療、臨床薬剤学等を中心とする充実した薬剤師教育態勢が形成されています。

明治時代における学問の先駆者の一人は、「心訓」の中で「世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つことです」といっています。本薬学部で学ぶ学生は、医療職に就くという立派な志を持つことができます。この選択で、「一生涯貫く」ことができるという立派な仕事を手にできるのです。

その意味で誇りを持って、キャンパスの美しい本学で勉学に望んでいただきたいと思います。