学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 薬学部 > 科目(カリキュラム)

科目(カリキュラム)

基礎教育科目では、社会科学系を中心に、医療に携わる人間としての倫理観・使命感を養うほか、語学なども学びます。

専門教育科目は、基礎科目・薬学専門科目・薬学応用科目で構成され、講義と連動した実験・実習を数多く実施。一貫した教育体系のもと、薬学の知識と技術を着実に身につけていきます。


1学年

確かな学力を育成する学習法を獲得する

「消しゴムを使わない普段の学習が、分析力、思考力を向上させます。学習効果を最も高める自分に適した学習方法を探索し、学習分野にあわせて自分流の改良を加えていきます。」


2学年

薬剤師として必要な基礎知識と技能を習得する

「講義と実習をセットとして、薬の専門家として活躍するための基礎となる専門科目を学びます。」


3学年

薬剤師として必要な薬学専門領域の知識と技能を深める

「より専門性の高い講義と実習を通して某学専門領域の知識を深めます。また、製剤学や薬物治療学、衛生薬学などを学び、薬剤師としての基礎的な知識・技能を身に付けます。」


4学年

薬学専門知識の理解を深化させるとともに、医療に貢献できる能力を身につける

「実務実習を前に、薬学専門知識の理解の深化を図ると共に、チーム医療で必要なコミュニケーション能力・医療倫理・責任感などを学び、実務実習に適応できる「知識。技能・態度」を養う。」


5学年

実務実習において、薬の専門職として医療現場で臨機応変に対応できる実践的な臨床対応能力を身につける

「実務実習では、医療における薬剤師業務の意義や薬剤師における薬剤師の役割を理解し、薬の専門職として医療現場で臨機応変に対応できる実践的な臨床対応能力を身につけます。また、実務実習以外の時期には、特別実習(卒業研究)を行い、問題解決能力を醸成します。」


6学年

特別実習(卒業研究)を通じて、問題解決型能力を身につけるとともに、六年間の学習の集大成として薬剤師国家試験合格を目指す

「特別実習(卒業研究)では、問題解決型能力を修得し、それに伴う実践力と高度な知識・技術を確実に身につけていきます。また総合的な演習を通して、薬剤師国家試験合格という目標に向かって着実に近づいていきます。」