学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

実際大学に通っている大学生にインタビュー
大学での学びや、学校生活、将来の目標など受験生へメッセージをいただきました。

いつか私も開業したい!

田中 康裕 さん
大橋 佳奈さん

私が歯科医師を志したのは、高校時代に通っていた歯科医院の姿勢に憧れたからです。その医院を経営しているご夫婦は、患者さんにとても親切に接しており、その結果、多くの患者さんから”信頼”という形で評価されていました。ご夫婦の姿勢から気づかされたのは、歯科医師は自分の行った治療・態度がダイレクトに評価となって返ってくる、やりがいのある仕事なのだということ。そして私は、いつしか「人と直接関わり、人から必要とされる歯科医師になりたい」と考えるようになっていたのです。私の地元には歯科医院が少ないため、いつか新たな医院を開業したいと考えています。あのご夫婦のように、患者さんとの信頼関係を大切にする歯科医師へ。こうした目標が、国家試験を乗り越えるための意欲につながっています。

1年から臨床に触れられます

優れた設備を誇る附属病院で、早くから臨床に触れられること。それが、奥羽大学に興味を持った理由でした。実際に入学してみると、1年次から受講する「エレクティブスタディ」で実際の治療を見学することができ、附属病院の診療ユニットの多さや、最先端の設備の数々に驚かされました。私はこの授業で小児歯科を選択していて、子どもの歯の磨き方を学んだり、小児歯科に関するリーフレットを作成したりと、着実に歯科医師への道を歩めていることを実感しています。また、歯学部の自習室では、先生方が交代で質問の場を設けてくださっています。授業で分からなかった点を、その日のうちに確認することができるのです。学力によらず学びやすい環境が整っているのも、奥羽大学の魅力ではないでしょうか。


講義も実習もとても刺激的!

安齋 瑤美 さん
早川 百合恵さん

奥羽大学の先生方は、講義中に興味深い話をたくさんしてくださいます。たとえば、東日本大震災の被災地に派遣された時や、附属病院での治療時の体験談など。「ご本人の抱えている病名を聞き出すだけでも実は大変なんだ」という話を聞いた時には、コミュニケーションを学ぶ大切さをひしひしと感じることができました。また、実習もとても有意義です。1年次からμℓ(マイクロリットル)という小さな単位で薬品を扱い始めますが、注射液の調剤では小さな差が大きなミスになりかねないことを痛感させられます。こうした一つひとつの学びが、私にとって貴重な財産になっています。


大切なのは自ら学ぶ姿勢

安齋 瑤美 さん
河村 享英さん

芸術系の大学に一度は進んだ僕が、奥羽大学に編入したのは、父と同じ歯科医師として故郷に貢献したいと考えたからです。僕の地元・笠間市にはご高齢の患者さんが多いため、高齢者が安心して使いやすい入れ歯について重点的に学習。卒業後も医局員として大学に残り、入れ歯の研究をする道を検討しています。奥羽大学は積極的に学ぼうとすれば、いくらでも学びを深められる環境です。国家試験に向けてしっかりバックアップしてくれるのはもちろんですが、歯科医師になった後の武器を身につけられる大学だと思います。