学部・大学院

講座紹介

歯周病学[歯科保存学講座]

沿革及び特徴

歯科保存学講座歯周病学分野は旧歯科保存学第一講座を前身として、平成16年に開設されました。歯科保存学講座には他に保存修復学分野と歯内療法学分野があり、大講座制をとっています。

歯周病学の教育は第1学年の歯科医学概論(分担)および歯科臨床概論、第4学年の歯周病学ならびに歯周病学実習、第5学年の臨床実習(分担)および第6学年の歯周病学で行われます。

歯周病学は、歯周ポケット内に棲息する嫌気性細菌群の複合感染による慢性炎症によって歯周組織の破壊が進行する病態を診断し、疾患の進行度および活動度に応じた治療と予防を取扱う臨床歯学教育の一分野です。診療は附属病院の総合歯科診療室三階で行われています。一口腔単位の診断に基づいて、患者様に最適な治療を提供することを心掛けています。また、重度歯周病患者に対しては歯周組織再生療法や口腔インプラント治療を含めた包括的歯周治療を行なっています。また、講座員の一部は障害児・者外来の担当医でもあり、チーム医療として大学病院の診療に携わっています。


研究テーマ
  1. 歯周病学における細胞生物学、分子生物学的研究および疫学研究
  2. 骨増大術に関する動物実験モデルの構築
  3. 口腔内好中球の細胞死および細胞内シグナル伝達のメカニズム解析
  4. 歯周病の病態を複雑系の理論から解析する研究
  5. マイクロCTを用いた根管系の拡大形成に関する研究

構成員紹介
高橋 慶壮 タカハシ ケイソウ 教授
齋藤 弘毅 サイトウ コウキ 助教
山﨑 厚作 ヤマザキ コウサク 助教
鈴木 幹子 スズキ ミキコ 助教
北林 治彦 キタバヤシ ハルヒコ 助教

所属学会・団体名
  • 日本歯周病学会(常任理事:高橋慶壮)
  • 日本歯科保存学会(常任理事:高橋慶壮)
  • 日本顎咬合学会(指導医:高橋慶壮)
  • 日本歯内療法学会
  • 奥羽大学歯学会
  • American Academy of Periodontology
  • International Association for Dental Research

その他

著書

  1. 高橋慶壮 考えるペリオドンティクス -病因論と臨床推論から導かれる歯周治療- クインテッセンス出版 2018年
  2. 高橋慶壮 考えるエンドドンティクス ―根管形成と根管充填の暗黙知と形式知― クインテッセンス出版 2015年
  3. 高橋慶壮  歯内療法における臨床思考の技術 デンタルダイヤモンド社 2014年
  4. 高橋慶壮 歯周治療 失敗回避のためのポイント33 ―なぜ歯周炎が進行するのか、なぜ治らないのかー  クインテッセンス出版株式会社 2011年.
  5. 高橋慶壮 吉野敏明 (編著) エンド・ペリオ病変の臨床 歯内-歯周複合病変 診断と治療のストラテジー  1~215. 編集 医歯薬出版株式会社 2009年.
  6. Papantonopoulos GH, Takahashi K. A model for periodontal disease progression with cementum as a strange attractor. Research Focus on Smoking & Women's Health  Katherine P Tolson & Emily B Veksler (eds)  Nova Science - 2008.
  7. 高橋慶壮 歯内療法失敗回避のためのポイント47 -なぜ痛がるのか、なぜ治らないのかー   クインテッセンス出版株式会社 2008年
  8. 平井 順、高橋慶壮(共著):臨床歯内療法学 -JHエンドシステムを用いて- クインテッセンス出版株式会社、東京、2005年.

学術論文

  1. Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Amitani Y, Yoshie H. Site-level progression of periodontal disease during a follow-up period. PLoS One. 12 (12): e0188670, 2017.
  2. Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A, Hara Y, Fujise O, Nishimura F, Kono T, Umeda M, Fukuda M, Noguchi T, Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M, Makino-Oi A, Saito A, Abe Y, Sato S, Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H. Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study. BMC Oral Health. ;17(1):46, 2017.
  3. 高橋慶壮 歯周炎患者におけるインプラント周囲炎の病態と治療法 日歯周誌58(4):236-253,2016.
  4. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H. Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res. 51(6): 768-778, 2016.
  5. 吉野浩正、伊東博司、高橋慶壮  ラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面のハイドロキシアパタイト処理が垂直的骨増大に及ぼす効果 奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p1-11, 2017年.
  6. 森田 聡、遊佐淳子、高橋慶壮 β-リン酸三カルシウムがラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面の垂直的骨増大に及ぼす効果 奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p13-22 , 2017年.
  7. 石澤正晃、櫻井裕子、高橋慶壮 スタチンがラット頭蓋骨に設置したチタンキャップ内面の垂直的骨増大に及ぼす効果  奥羽大学歯学誌 第44巻 第1号 p23-33 , 2017年.
  8. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos B. Artificial neural networks for the diagnosis of aggressive periodontitis trained by immunologic parameters . PLoS ONE 9(3): e89757, 2014.
  9. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos BG.  Aggressive Periodontitis Patients can be Defined by Recursive Partitioning Analysis of Immunologic Factors. J. Periodontol. 84(7):974-84, 2013.
  10. Papantonopoulos G, Takahashi K, Bountis T, Loos BG. Mathematical Modeling suggests that Periodontitis behaves as a Nonlinear Chaotic Dynamical Process. J. Periodontol. 84(10):e29-39, 2013.
  11. 高橋慶壮 歯周病の基礎科学と臨床科学 ―歯周病学と歯周治療学― 日本歯周病学会会誌 55:121~131, 2013.
  12. Papantonopoulos, G., Takahashi, K., Bountis, T., Loos, B.G. (2012). Using cellular automata experiments to model periodontitis: a first theoretical step towards understanding the nonlinear dynamics of periodontitis. International journal of bifurcation and chaos : in applied sciences and engineering, 22, 2417-2434.
  13. 高橋慶壮 歯周病学および歯内療法学における誤謬とパラダイムシフトに学ぶ 日本歯科医師会雑誌 第64巻 第5号 39-52, 2011年.
  14. Zhou L, Satoh K, Takahashi K, Watanabe S, Nakamura W, Maki J, Hatano H, Takekawa F, Shimada C, Sakagami H. Re-evaluation of Anti-inflammatory Activity of Mastic Using Activated Macrophages In Vivo. 2009; 23: 583-590.
  15. Sakagami H, Kishino K, Kobayashi M, Hashimoto K, Iida S, Shimetani A, Nakamura Y,Takahashi K, Ikarashi T, Fukamachi H, Satoh K, Nakashima H, Shimizu T, Takeda K, Watanabe S, Nakamura W. Selective antibacterial and apoptosis-modulating activities of mastic. In Vivo. 2009;23(2):215-23.