学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 歯科理工学

講座紹介

歯科理工学[生体材料学講座]

沿革及び特徴

生体材料学講座は 本学創立と同時に野口八九重教授により開講された旧・歯科理工学講座を母体とし、歯科医療に用いられる生体材料と治療用機器を対象とする材料科学と歯科医学にまたがる分野を担当する講座です。

本講座の目指すところは、教育と研究の両面から歯科医療の発展に寄与することです。歯科医師を目指す学生に、歯科医療に用いられる様々な生体材料や器具・器械について、その性質と取り扱い方を分かりやすく教授します。特に、材料の特性や機器類の原理について、物理学、化学の科学的な基本概念をもとに、学生にしっかり理解してもらうことに主眼を置いています。

一方、むし歯になった歯や抜け落ちてしまった歯の部分に種々の代替材料を駆使して、本来の機能を十分なまでに回復することはなかなか難しいことですが、これらの課題を克服するべく、日々研究を進めております。具体的には、各種の歯科材料の基本的な物性をはじめ、新規な材料の開発およびこれらの材料と生体との適合性、融合性等について物理化学的ならびに臨床的な観点から研究を続けています。


主な研究
  1. 膨張性仮封材の開発
  2. 仮着材の開発
  3. CAD/CAM作製物に関する3次元的検討
  4. チタン材料の臨床応用
  5. 口腔内環境における各種接着材料の接着性
  6. 成形修復材の臨床的使用法

構成員紹介
岡田 英俊 オカダ ヒデトシ 教授
石田 喜紀 イシダ ヨシノリ 准教授
大木 達也 オオキ タツヤ 助教
齋藤 龍一 サイトウ リュウイチ 助教

所属学会・団体名
  • 日本歯科理工学会
  • 日本歯科保存学会
  • 日本補綴歯科学会
  • JADR
  • IADR
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本小児歯科学会