学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 口腔生理学

講座紹介

口腔生理学[口腔機能分子生物学講座]

沿革及び特徴

口腔機能分子生物学講座・口腔生理学研究室は旧口腔生理学講座(1972年開設)を前身として、2004年に開設されました。

現在、口腔生理学研究室では宗形芳英教授の下、ヒトの顎運動の解析、種々の動物の味覚受容機構の解析、痛覚過敏発症メカニズムの解析、軟体動物の感覚器発生機構解析など、幅広い分野において研究を展開しています。

口腔生理学の講義・実習は2年次学生を対象に行われます。その他に、一年次学生を対象とした生命基礎科学Ⅰ、6年次学生を対象とした病態生理学も担当しています。


研究テーマ
  1. 顎運動に及ぼす頭部運動の影響の解析
  2. 魚類・昆虫・両生類の味覚受容機構の解析
  3. 味覚異常モデルショウジョウバエを用いた味覚異常がQuality of Lifeに及ぼす影響の解析
  4. 哺乳類・両生類における痛覚過敏発症メカニズムの解析
  5. ウミフクロウ感覚器の発生
  6. 全身麻酔と静脈内鎮静法の回復における生理学的な解析
  7. 薬剤活性による白血球遊走能の解析
  8. 歯科における静脈内鎮静法の解析
  9. 日帰り全身麻酔に関する多角的な解析
  10. 障害者の全身麻酔に関する多角的な解析
  11. 塩酸デクスメデトミジンの周術期鎮静法の検討
  12. 強制開口抑制下歯科治療の生体・気道への影響
  13. 経鼻挿管の鼻腔清掃における細菌学的検討
  14. 歯科局所麻酔薬の多角的な解析

構成員紹介
川合 宏仁 カワアイ ヒロヨシ 教授
大須賀 謙二 オオスガ ケンジ 講師
古山 昭 フルヤマ アキラ 講師

所属学会・団体名
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本歯科麻酔学会
  • 日本障害者歯科学会
  • 歯科基礎医学会
  • 日本歯科医療管理学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本蘇生学会
  • 日本臨床モニター学会
  • 日本歯科麻酔学会東北地方会
  • 日本歯科医療管理学会東北地方会
  • IADR/JADR (International Association for Dental Research)
  • IFDAS (International Federation of Dental Anesthesiology Societies)
  • FADAS (Federation of Asia Dental Anesthesiologist Society)
  • IADH (International Association for Oral Health and Disability)

主要海外論文(2005年以降)
  1. Lidocaine concentration in oral Tissue by the addition of Epinephirine, Eri Tanaka, Kenji Yoshida, Hiroyoshi Kawaai, Shinya Yamazaki, Anesthesia Progress, 63(1)17-24, 2016
  2. A Case of Dental Treatment Under General Anesthesia for a Pediatric Patient With Pelizaeus - Merzbacher Disease, Hiroyoshi Kawaai, Yumiko Mishina, Katsunori Tanaka, Norihisa Aizawa, Kazuhiro Shimamura, Shinya Yamazaki, Oral Health and Dental Management, 14(6)460-463, 2015
  3. Periodic Oral Care under Ambulatory General Anesthesia Prolongs Tooth Life in Patients with Intellectual Disabilities, Katsunori Tanaka, Kenji Yoshida, Eri Tanaka, Yasunori Komatsu, Fumihiko Suzuki, Hiroyoshi Kawaai, Shinya Yamazaki, 14(5)294-296, 2015
  4. Dexmedetomidine decreases the oral mucosal blood flow, Hiroyoshi Kawaai, Kenji Yoshida, Eri Tanaka, Kohei Togami, Hitoshi Tada, Steven Ganzberg, Shinya Yamazaki, BJOMS, 51:928-931,2013
  5. Behavioral Analysis of Drosophila Transformants Expressing Human Taste Receptor Genes in the Gustatory Receptor Neurons. Adachi R, Sasaki Y, Morita H, Komai M, Shirakawa H, Goto T, Furuyama A, Isono K. J Neurogenet. 26:198-205, 2012
  6. Peripheral Glutamagte Receptors Are Required for Hyperfalegesia Induced by Capsaicin: ou-Hong Jin, Motohide Takemura, Akira Furuyama and Norifumi Yonehara;Pain Research and Treatment, vol. 2012, Article ID 915706, 8 pages.
  7. Transient Cardiac Arrest in Patient With Left Ventricular Noncompaction (Spongiform Cardiomyopathy),Shinya Yamazaki, Hiroshi Ito, Hiroyoshi Kawaai,Anesthesia Progress,58(1)22-25,2011
  8. A comparison of intravenous sedation with two doses of Dexmedetomidine: 0.2 μg/kg/hr versus 0.4 μg/kg/hr,Hiroyoshi Kawaai, Jun Sato, Masahiro Watanabe, Keiichi Kan, Steven Ganzberg, Shinya Yamazaki,Anesthesia Progress,57(3)96-103,2010
  9. Maximum opening of the mouth by mouth prop during dental procedures increases the risk of upper airway constriction,Hiroshi Ito, Hiroyoshi Kawaai, Shinya Yamazaki, Yosuke Suzuki,Therapeutics and Clinical Risk Management,6,239-248,2010
  10. Changes in leukocyte migration during carbonic anhydrase activity inhibition,Kawaai H, Seino H, Yamazaki S, Taki K.,Burns,35(3)397-404,2009
  11. Intravenous sedation with low-dose dexmedetomidine: its potential for use in dentistry,Ogawa S, Seino H, Ito H, Yamazaki S, Ganzberg S, Kawaai H.,Anesthesia Progress,55(3)82-88,2008
  12. Availability of a remote online hemodynamic monitoring system during treatment in a private dental office for medically high-risk patients,Shinya Yamazaki, Hiroyoshi Kawaai, Shigeo Sasaki, Kazuhiro Shimamura, Hiroshi Segawa, Takahiro Saito ,Therapeutics and Clinical Risk Management,4(4)721-726,2008
  13. Characterization of Ligands for Fish Taste Receptors;Hideki Oike, Toshitada Nagai, Akira Furuyama, Shinji Okada, Yoshiko Aihara, Yoshiro Ishimaru, Takayukki Marui, Ichiro Matsumoto, Takumi Misaka, and Keiko Abe;The Journal of Neurophysiology, 27, 5584-5592, 2007
  14. Mechanism of Respiratory Excitation with Carbonic Anhydrase Inhibition in Rabbits,Kazuhisa OOGUSHI, Hiroaki SEINO, Hiroyoshi KAWAAI, Shinya YAMAZAKI, and Kenji TAKI,Current Topics in Pharmacology,9(1)109-115,2006
  15. Elevation of Periosteal Flap with Irrigation of the Bone for Minor Oral Surgery Reduces the Duration of Action of Infiltration Anesthesia,Shinya Yamazaki, Hiroaki Seino, Sachie Ozawa, Hiroshi Ito, and Hiroyoshi Kawaai,Anesthesia Progress,53(1)8-12,2006
  16. An Evaluation of Utility of Dental Treatment by Computed Dental Radiography during General Anesthesia in Handicapped Patient,Hiroyoshi Kawaai, Shinya Yamazaki, Kazuhiro Shimamura, Shigeo Sasaki, Hiroshi Segawa, Takahiro Saito,Japanese Journal of Dental Practice Administration,40(2)138-144,2005
  17. Continuous Infusion Propofol General Anesthesia for Dental Treatment in Patients with Progressive Muscular Dystrophy,Hiroyoshi Kawaai,Kazuho Tanaka,Shinya Yamazaki,Anesthesia Progress,52(1)12-16,2005
主要国内論文(2005年以降)
  1. 奥羽大学歯学部附属病院における「なくならない誤飲事故」に関する方策, 安部将太、山崎信也、川合宏仁、島村和宏、瀬川 洋、佐々木重夫、清野晃孝、齋藤高弘, 日本歯科医療管理学会雑誌, 50(4)244-250, 2016
  2. Werdnig-Hoffmann病患者における歯科治療のための全身麻酔経験, 田中克典、田中絵里、三田拓也、大溝裕史、中池祥浩、鈴木史彦、川合宏仁、山崎信也, 日本歯科麻酔学会雑誌, 43(2)232-234 2015
  3. 全身麻酔後にクループを合併し1週間の入院を要した歯科治療拒否児の1例, 山崎信也、遠藤未来、須田修二、工藤香奈恵、鈴木史彦、川合宏仁、島村和宏、大溝裕史, 日本歯科麻酔学会雑誌, 43(2)229-231, 2015
  4. 北見修一、宗形芳英、大須賀謙二、古山 昭:反応時間法を使ったヒト顎運動の解析.奥羽大歯学誌、40;45-52 2013
  5. 古山 昭、大須賀 謙二、宗形 芳英:ショウジョウバエの餌選択行動におけるpoxn発現脳ニューロンの役割.日本味と匂学会誌、19;343-344,2012
  6. 吸入麻酔と静脈麻酔による全身麻酔中における中枢・末梢温度の変動について,赤沼龍一,冨田 修,中池祥浩,佐藤 潤,渡辺正博,小川幸恵,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,39(1)41-42,2011
  7. 当院における日帰り全身麻酔管理による障害児・者歯科症例の統計的検討,山崎信也,川合宏仁,島村和宏,釜田 朗,瀬川 洋,佐々木重夫,齋藤高弘,日本歯科医療管理学会雑誌,45(2)94-99,2010
  8. 2種類の局所麻酔薬による障害者の循環動態について,川合宏仁,島村和宏,瀬川 洋,佐々木重夫,釜田 朗,山崎信也,齋藤高弘,日本歯科医療管理学会雑誌,45(2)78-82,2010
  9. 障害児のCT検査のために日帰り全身麻酔を選択した1例,島村和宏,川合宏仁,冨田 修,中池祥浩,佐藤 潤,渡辺正博,伊藤 寛,鈴木康生,山崎信也,日本障害者歯科学会雑誌,31(2)272-276,2010
  10. インプラント埋入術に対しデクスメデトミジンにブトルファノールとミダゾラムを併用した静脈内鎮静法の臨床的検討,佐藤 潤,川合宏仁,冨田 修,中池祥浩,山崎信也,日本口腔インプラント学会誌,22(4)485-491,2009
  11. Lennox-Gastaut症候群を合併した患者の日帰り全身麻酔経験,川合宏仁,冨田 修,中池祥浩,山崎信也,池本桂子,臨床麻酔,33(6)1054-1056,2009
  12. レミフェンタニル麻酔導入後に一過性の房室結節調律とST変化を認めた1症例,中池祥浩,冨田 修,佐藤 潤,渡辺正博,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,37(2)221-222,2009
  13. 当院の顎矯正手術における上下顎複合手術の術後管理について,川合宏仁,島村和宏,瀬川 洋,佐々木重夫,中島 丘,釜田 朗,山崎信也,齋藤高弘,日本歯科医療管理学会雑誌,43(4)224-231,2009
  14. DNAR未決定患者に対する心肺蘇生経験,渡辺正博,冨田 修,中池祥浩,赤沼龍一,佐藤 潤,小川幸恵,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,37(1)50-51,2009
  15. 歯科救急医療に備えて(平成20年度大阪歯科学会大会大阪歯科大学同窓会学術研修会,プレ大阪歯科大学創立100周年記念事業),山崎信也,歯科医学,71(3)226-226,2008
  16. 顔面に重度熱傷瘢痕による障害を有する小児の全身麻酔下歯科治療経験,山崎信也,佐藤 潤,渡辺正博,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,島村和宏,鈴木康生,日本障害者歯科学会雑誌,29(4)636-640,2008
  17. 全身麻酔下切開排膿術の術後呼吸管理に難渋した13 trisomy患者の1症例,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,山崎信也,島村和宏,佐々木重夫,齋藤高弘,日本障害者歯科学会雑誌,29(4)630-635,2008
  18. 全身麻酔下口腔外科手術中に広範な皮下気腫および縦隔気腫を併発した1例,小川幸恵,関 康宏,佐藤 潤,渡辺正博,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,36(3)308-309,2008
  19. 小児のセボフルレン全身麻酔におけるデクスメデトミジンを用いた術後鎮静法の検討,川合宏仁,佐藤 潤,渡辺正博,伊藤 寛,小川幸恵,島村和宏,鈴木康生,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,36(3)269-277,2008
  20. 歯科外来で呼吸停止となり救急搬送した側頭葉てんかんの1例,山崎信也,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,渡辺正博,佐藤 潤,日本歯科麻酔学会雑誌,36(2)212-213,2008
  21. 非ステロイド系消炎鎮痛薬投与が原因となった重篤な喘息発作の1例,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,山崎信也,渡辺正博,佐藤 潤,日本歯科麻酔学会雑誌,36(2)210-211,2008
  22. 全身麻酔中に心室性不整脈が改善した3症例,渡辺正博,佐藤 潤,小川幸恵,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)61-62,2008
  23. 当科におけるレミフェンタニルの使用状況,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,山崎信也,師田智子,遠藤克哉,古田摂夫,大溝裕史,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)59-60,2008
  24. 全身麻酔下でのカルディオバーションで改善した発作性心房細動の1例,山崎信也,小川幸恵,伊藤 寛,渡辺正博,佐藤 潤,川合宏仁,奥秋 晟,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)43-46,2008
  25. 半閉鎖循環式気管内全身麻酔における吸気温湿度推移に関する臨床的検討,伊藤 寛,小川幸恵,川合宏仁,山崎信也,Journal of Medical Gases,8(1)40-43,2006
  26. アテトーゼ型脳性麻痺患者に対するセボフルランを用いた反復麻酔の1症例,川合宏仁,伊藤 寛,小川幸恵,山崎信也,Journal of Medical Gases,8(1)46-49,2006
  27. 頸部郭清術後に横隔神経麻痺が疑われた1症例,関 康宏,小川幸恵,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,奥秋 晟,日本歯科麻酔学会雑誌,34(2)213-214,2006
  28. 経鼻挿管が鼻翼に及ぼす侵害性に関する研究,清野浩昭,小川幸恵,伊藤 寛,関 康宏,川合宏仁,山崎信也,奥秋 晟,日本歯科麻酔学会雑誌,34(1)35-38,2006
  29. 歯科治療に関連した重篤なショック,心肺停止報告200例の検討,伊藤 寛,小川幸恵,清野浩昭,川合宏仁,山崎信也,奥秋 晟,日本蘇生学会雑誌,24(2)82-87,2005
  30. 導入直前の心雑音にて全身麻酔を中止した後に重度の大動脈弁狭窄症が判明した症例,清野浩昭,小川幸恵,伊藤 寛,川合宏仁,山崎信也,関 康宏,師田智子,関 宗浩,田中一歩,日本歯科麻酔学会雑誌,33(3)449-450,2005
  31. LPL欠損症患者の全身麻酔経験,伊藤 寛,小川幸恵,清野浩昭,川合宏仁,山崎信也,関 康宏,師田智子,関 宗浩,田中一歩,日本歯科麻酔学会雑誌,33(3)451-452,2005
  32. Fallot四徴症と主要大動脈肺動脈側副動脈を合併したCATCH22症候群患児の全身麻酔経験,川合宏仁,清野浩昭,小澤幸恵,伊藤 寛,古田摂夫,大溝裕史,岩間 裕,日本歯科麻酔学会雑誌,33(1)104-105,2005
最近の著書(2005年以降の主なもの)
  1. 歯科におけるくすりの使い方 2015-2018,佐野公人 編集,川合宏仁,デンタルダイヤモンド,2014
  2. 判例からみた医療安全、小林 馨、足立 進、中島 丘 編集、川合宏仁、わかば出版、2014
  3. 歯科麻酔学(第7版),金子 譲 編集,川合宏仁,医歯薬出版,2011
  4. スタンダード全身管理・歯科麻酔学(第2版),小谷順一郎 編集,山崎信也,川合宏仁,学建書院,2011
  5. 歯科におけるくすりの使い方 2011-2014,佐野公人 編集,川合宏仁,デンタルダイヤモンド,2010
  6. デクスメデトミジンの使い方-基礎と応用-,武田純三 監修,小板橋俊哉 編集,川合宏仁,真興交易医書出版部,2007