学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 歯科麻酔学

講座紹介

歯科麻酔学[口腔外科学講座]

沿革及び特徴

沿革

【1972~1994】東北歯科大学(1989年~奥羽大学歯学部)歯科麻酔学講座/主任:高北義彦教授
【1997~2000】奥羽大学歯学部歯科麻酔学講座/主任:奥秋晟教授
【2000~2005】奥羽大学歯学部口腔外科学講座歯科麻酔学分野/代行:大野敬教授
【2005~現在】奥羽大学歯学部口腔外科学講座歯科麻酔学分野/主任:山崎信也教授
大学院歯学研究科口腔機能学領域生体管理学分野/主任:山崎信也教授

特徴

歯科麻酔学は、医療、処置、手術、侵襲などのストレスから生体を守るための学問で、以下の仕事をしています。

  1. 〔全身管理〕
    高血圧,心臓病,糖尿病などを有する患者様の歯科治療を安全に行うための管理を行う
  2. 〔精神鎮静法〕
    治療に不安や恐怖を抱いている患者様をお薬などでリラックスさせて治療を行う
  3. 〔日帰り全身麻酔〕
    通常の治療が困難な小児や障害を有する患者様の日帰り全身麻酔下歯科処置
  4. 〔入院全身麻酔〕
    口腔外科手術の全身麻酔
  5. 〔ペインクリニック〕
    慢性的に顎顔面領域に痛みのある患者様の除痛
  6. 〔救急処置〕
    歯科治療中に患者様に緊急事態が起きた時の救急処置と救急初期対応の啓発活動

また、歯科麻酔学は、医科の麻酔学と共通点が多く、基礎医学としての解剖学、薬理学、生理学、生化学などと、臨床の外科学、内科学、循環器科学、呼吸器科学など、広範な知識が要求され、臨床歯科医学で最も応用範囲の広い学問で、高度の知識と技術を要します。


主な研究
  1. 顎骨注水の局所麻酔効果の解析
  2. 身体抑制下治療での低酸素症発現の解析
  3. 旅客機高度変化での低酸素症発現の解析
  4. 高濃度セボフルレン全身麻酔導入の解析
  5. 歯科治療での心肺停止報告例の解析
  6. 全身麻酔と静脈内鎮静の回復の解析
  7. 薬剤活性による白血球遊走能の解析
  8. 歯科における精神鎮静法の解析
  9. 経鼻挿管における各種チューブや方法の検討
  10. 経鼻挿管時の鼻腔清掃に関する細菌学的検討
  11. 日帰り全身麻酔に関する多角的な解析
  12. 障害者の全身麻酔に関する多角的な解析
  13. 歯科局所麻酔薬の多角的な解析
  14. 塩酸デクスメデトミジンの周術期鎮静法の検討
  15. 強制開口抑制下歯科治療の生体・気道への影響
  16. 塩酸デクスメデトミジンによる口腔粘膜血流量
  17. 顎骨への局所麻酔注入圧と顎骨内局所麻酔濃度
  18. 軟組織と顎骨へのアドレナリンの効果
  19. 顎骨内における血管と血管収縮作用の組織学的検討
  20. 顎骨内における自由神経終末分布の組織学的検討

構成員紹介
山崎 信也 ヤマザキ シンヤ 教授
川合 宏仁 カワアイ ヒロヨシ 教授(口腔生理学)
鈴木 史彦 スズキ フミヒコ 准教授(摂食嚥下/高齢者歯科学)
冨田 修 トミタ シュウ 講師
小汲 大二郎 オグミ ダイジロウ 助教
木村 楽 キムラ ガク 助教
今井 彩乃 イマイ アヤノ 助教
佐藤 光 サトウ ヒカル 助手
佐藤 璃奈 サトウ ルナ 助手
森山 光 モリヤマ ヒカル 助手
内藤 義久 ナイトウ ヨシヒサ 専攻生
照屋 祐 テルヤ タスク 専攻生
三田 拓也 ミタ タクヤ 聴講生
小川 幸恵 オガワ サチエ 聴講生
田中 絵里 タナカ エリ 聴講生
与那城 夢乃 ヨナシロ ユメノ 聴講生
須田 修二 スダ シュウジ 聴講生
工藤 香菜恵 クドウ カナエ 聴講生

所属学会・団体名
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本歯科麻酔学会
  • 日本障害者歯科学会
  • 日本歯科医療管理学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本蘇生学会
  • 日本臨床モニター学会
  • 日本救急医学会
  • 日本ペインクリニック学会
  • 日本ACLS協会
  • 東北地区歯科医学会
  • 福島県麻酔懇話会
  • 東日本歯科麻酔学会
  • 北海道臨床歯科麻酔学会
  • 日本歯科医療管理学会東北支部会
  • 東北障害者歯科臨床研究会
  • IADR/JADR(International Association for Dental Research)
  • IFDAS(International Federation of Dental Anesthesiology Societies)
  • FADAS(Federation of Asia Dental Anesthesiologist Society)
  • IADH(International Association for Oral Health and Disability)

その他
  • 年間総全身麻酔件数/約700例
  • 年間障害児者全身麻酔下歯科治療/約300例
  • 年間日帰り全身麻酔症例/約400例
  • 関連研修/準施設歯科全身麻酔件数/約400例
  • 関連医科研修施設全身麻酔件数/約1000例
  • 年間精神鎮静法症例数/約1000例
  • 年間モニター管理症例数/約300例
  • 年間ペインクリニック症例数/約300例
  • 年間外来患者数/約1500名
  • 年間入院患者数/約30例
  • 年間病院内当直回数/約50回
  • 年間BLS/ACLS/ICLSインストラクター参加回数/約40回
  • 年間学会発表数/約30演題
  • 年間論文発表数/約10論文

最近の主な国際論文
  1. Prevalence of chronic pain, especially headache, and relationship with health-related quality of life in middle-aged Japanese residents,Mitoma J, et al,Health,8,116-124,2016
  2. Effect of injection pressure of infiltration anesthesia to the jawbone,Yoshida K, et al,Anesthesia Progress,63(3)131-138,2016
  3. Lidocaine concentration in oral tissue by the addition of Epinephirine,Tanaka E, et al,Anesthesia Progress,63(1)17-24,2016
  4. A Case of dental treatment under general anesthesia for a pediatric patient with Pelizaeus - Merzbacher disease,Kawaai H, et al,Oral Health and Dental Management,14(6)460-463,2015
  5. Periodic oral care under ambulatory general anesthesia prolongs tooth life in patients with intellectual disabilities,Tanaka K, et al,Oral Health and Dental Management,14(5)294-296,2015
  6. Lidocaine concentration in mandibular bone after subperiosteal infiltration anesthesia decreases with elevation of periosteal flap and irrigation with saline,Ogawa S,Anesthesia Progress,61(2)53-62,2014
  7. Difference of injection point for local anesthesia in alveolar bone affects infiltration and action of anesthesia,Morota T, et al,Ohu University Dental Journal,41(1)29-38,2014
  8. Intravenous sedation for implant surgery: Midazolam, butorphanol and dexmedetomidine versus midazolam, butorphanol and propofol,Kawaai H, et al,J Oral Implantol,40(1)94-102,2014
  9. Dexmedetomidine decreases the oral mucosal blood flow,Kawaai H,et al,Br J Oral Maxillofac Surg,51(8)928-931,2013
  10. Effects of a transmitted light device for pediatric peripheral venipuncture and intravenous cannulation,Yamazaki S, et al,Medical Devices: Evidence and Research,4,189-192,2011
  11. Transient cardiac arrest in patient with left ventricular noncompaction (spongiform cardiomyopathy),Yamazaki S, et al,Anesthesia Progress,58(1)22-25,2011
  12. A comparison of intravenous sedation with two doses of Dexmedetomidine: 0.2 μg/kg/hr versus 0.4 μg/kg/hr,Kawaai H, et al,Anesthesia Progress,57(3)96-103,2010
  13. Maximum opening of the mouth by mouth prop during dental procedures increases the risk of upper airway constriction,Ito H, et al,Therapeutics and Clinical Risk Management,6,239-248,2010
  14. Changes in leukocyte migration during carbonic anhydrase activity inhibition,Kawaai H, et al,Burns,35(3)397-404,2009
  15. Intravenous sedation with low-dose dexmedetomidine: its potential for use in dentistry,Ogawa S, et al,Anesthesia Progress,55(3)82-88,2008
  16. Availability of a remote online hemodynamic monitoring system during treatment in a private dental office for medically high-risk patients,Yamazaki S, et al,Therapeutics and Clinical Risk Management,4(4)721-726,2008
  17. Mechanism of respiratory excitation with carbonic anhydrase inhibition in rabbits,Oogushi K, et al,Current Topics in Pharmacology,9(1)109-115,2006
  18. Elevation of periosteal flap with irrigation of the bone for minor oral surgery reduces the duration of action of infiltration anesthesia,Yamazaki S, et al,Anesthesia Progress,53(1)8-12,2006
  19. An evaluation of utility of dental treatment by computed dental radiography during general anesthesia in handicapped patient,Kawaai H, et al,Japanese Journal of Dental Practice Administration,40(2)138-144,2005
  20. Continuous infusion Propofol general anesthesia for dental treatment in patients with progressive muscular dystrophy,Kawaai H,et al,Anesthesia Progress,52(1)12-16,2005

最近の主な国内論文
  1. 日本歯科麻酔学会準研修機関の開業歯科医院における全身麻酔症例の紹介,内藤義久、佐藤璃奈、森山 光、佐藤 光、小汲大二郎、今井彩乃、工藤香菜恵、川合宏仁、山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,46(2)105-107,2018
  2. 東日本大震災後に関連した奥羽大学歯学部歯科麻酔科の対応,安部将太、森山 光、佐藤璃奈、佐藤 光、川合宏仁、山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,46(2)98-101,2018
  3. 同条件下での全身麻酔を試みた一卵性双生児の管理経験,木村 楽,川合宏仁,山崎信也,佐々木重夫,島村和宏,瀬川 洋,齋藤高弘,日本歯科医療管理学会雑誌,52(1)49-51,2017
  4. 重度のPONVを呈した患者に対する全身麻酔の工夫,日本歯科麻酔学会雑誌,45(2)247-249,2017
  5. UCLA小児歯科におけるOpen Airway Techniqueを用いた全身麻酔管理方法に関する検討,奥羽大学歯学誌,43(1)5-10,2016
  6. 奥羽大学歯学部附属病院における「なくならない誤飲事故」に関する方策,安部将太、ほか,日本歯科医療管理学会雑誌,50(4)244-250,2016
  7. Werdnig-Hoffmann病患者における歯科治療のための全身麻酔経験,田中克典、ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,43(2)232-234,2015
  8. 全身麻酔後にクループを合併し1週間の入院を要した歯科治療拒否児の1例,山崎信也、ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,43(2)229-231,2015
  9. 多剤内服中の知的障がい者に対するミダゾラムの経口前処置について,小松泰典,ほか,奥羽大学歯学誌,41(2)63-65,2014
  10. 重度高カリウム血症により心静止になったと考えられた頬部蜂巣炎患者の1例,田中克典,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,42(3)295-296,2014
  11. プロポフォールによる静脈内鎮静中に指尖が緑色となった1症例,助川絵美,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,42(3)297-298,2014
  12. 協力度が低い患者の歯科全身麻酔に対する前投薬としてのミダゾラム経口投与法の検討,小松泰典,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,42(2)234-235,2014
  13. 地方都市の開業歯科医院における歯科麻酔認定医による日帰り全身麻酔の経験,内藤美貴子,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,41(3)298-299,2013
  14. プロポフォールによる静脈内鎮静後の回復過程におけるTrieger dot testとRamsay scoreの相関性,田中絵里,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,41(3)304-305,2013
  15. WPW症候群と開口障害を合併した障害者の全身麻酔下歯科治療経験,川合宏仁,ほか,奥羽大学歯学誌,40(2)111-116,2013
  16. 異常絞扼反射患者の歯科治療に全身麻酔と系統的脱感作を併用した症例,鈴木史彦,ほか,奥羽大学歯学誌,40(1)59-62,2013
  17. 小型血液ガス分析装置の比較使用経験,小松泰典,ほか,奥羽大学歯学誌,39(4)231-239,2012
  18. 学習方法に関する学生と教員への同時アンケート,鈴木史彦,ほか,奥羽大学歯学誌,39(3)163-170,2012
  19. 日帰り全身麻酔の術前診察から当日までに患者の状態が急変した知的障害者の2症例,福島雅啓,ほか,奥羽大学歯学誌,39(2)117-120,2012/06/30
  20. 口腔内からの大量出血により緊急手術となり挿管に難渋した1症例,八木下健,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,40(1)60-61,2012
  21. 東日本大震災における奥羽大学の取り組み-身元不明遺体の検死活動の概要-,板橋 仁,ほか,奥羽大学歯学誌,38(4)230-236,2011
  22. トピックス-全身麻酔における筋弛緩薬の革命,八木下健,奥羽大学歯学誌,38(4)206-206,2011
  23. 西洋医学的ペインクリニックの臨床と痛みや治療のメカニズム,山崎信也,日本歯科東洋医学会誌,30(1)40-40,2011
  24. 全身麻酔中に低血圧となったペースメーカ装着患者の1例,八木下健,ほか,日本蘇生学会雑誌,30(2)102-105,2011
  25. 全身的合併症を有する患者における局所麻酔後の循環変動についての臨床的検討,田中克典,ほか,日本歯科医療管理学会雑誌,46(1)42-47,2011
  26. 超高齢口腔扁平上皮癌患者に対して根治的治療を施行した1例,川原一郎,ほか,奥羽大学歯学誌,38(1)27-30,2011
  27. 局所麻酔後の骨膜剥離および注水操作が顎骨リドカイン濃度に及ぼす影響,小川幸恵,ほか,奥羽大学歯学誌,38(1),2011
  28. 吸入麻酔と静脈麻酔による全身麻酔中における中枢・末梢温度の変動について,赤沼龍一,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,39(1)41-42,2011
  29. 当院における日帰り全身麻酔管理による障害児・者歯科症例の統計的検討,山崎信也,ほか,日本歯科医療管理学会雑誌,45(2)94-99,2010
  30. 2種類の局所麻酔薬による障害者の循環動態について,川合宏仁,ほか,日本歯科医療管理学会雑誌,45(2)78-82,2010
  31. 口腔がん手術後に生じた横隔神経麻痺の検討,濱田智弘,ほか,奥羽大学歯学誌,37(2)125-127,2010
  32. 無γグロブリン血症患児に対する全身麻酔経験,川合宏仁,ほか,奥羽大学歯学誌,37(2)113-117,2010
  33. 障害児のCT検査のために日帰り全身麻酔を選択した1例,島村和宏,ほか,日本障害者歯科学会雑誌,31(2)272-276,2010
  34. インプラント埋入術に対しデクスメデトミジンにブトルファノールとミダゾラムを併用した静脈内鎮静法の臨床的検討,佐藤 潤,ほか,日本口腔インプラント学会誌,22(4)485-491,2009
  35. Lennox-Gastaut症候群を合併した患者の日帰り全身麻酔経験,川合宏仁,ほか,臨床麻酔,33(6)1054-1056,2009
  36. レミフェンタニル麻酔導入後に一過性の房室結節調律とST変化を認めた1症例,中池祥浩,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,37(2)221-222,2009
  37. 当院の顎矯正手術における上下顎複合手術の術後管理について,川合宏仁,ほか,日本歯科医療管理学会雑誌,43(4)224-231,2009
  38. DNAR未決定患者に対する心肺蘇生経験,渡辺正博,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,37(1)50-51,2009
  39. 歯科救急医療に備えて(平成20年度大阪歯科学会大会大阪歯科大学同窓会学術研修会,プレ大阪歯科大学創立100周年記念事業),山崎信也,歯科医学,71(3)226-226,2008
  40. 顔面に重度熱傷瘢痕による障害を有する小児の全身麻酔下歯科治療経験,山崎信也,ほか,日本障害者歯科学会雑誌,29(4)636-640,2008
  41. 全身麻酔下切開排膿術の術後呼吸管理に難渋した13 trisomy患者の1症例,伊藤 寛,ほか,日本障害者歯科学会雑誌,29(4)630-635,2008
  42. 全身麻酔下口腔外科手術中に広範な皮下気腫および縦隔気腫を併発した1例,小川幸恵,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(3)308-309,2008
  43. 小児のセボフルレン全身麻酔におけるデクスメデトミジンを用いた術後鎮静法の検討,川合宏仁,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(3)269-277,2008
  44. 歯科外来で呼吸停止となり救急搬送した側頭葉てんかんの1例,山崎信也,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(2)212-213,2008
  45. 非ステロイド系消炎鎮痛薬投与が原因となった重篤な喘息発作の1例,伊藤 寛,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(2)210-211,2008
  46. 全身麻酔中に心室性不整脈が改善した3症例,渡辺正博,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)61-62,2008
  47. 当科におけるレミフェンタニルの使用状況,伊藤 寛,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)59-60,2008
  48. 全身麻酔下でのカルディオバーションで改善した発作性心房細動の1例,山崎信也,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,36(1)43-46,2008
  49. 半閉鎖循環式気管内全身麻酔における吸気温湿度推移に関する臨床的検討,伊藤 寛,ほか,Journal of Medical Gases,8(1)40-43,2006
  50. アテトーゼ型脳性麻痺患者に対するセボフルランを用いた反復麻酔の1症例,川合宏仁,ほか,Journal of Medical Gases,8(1)46-49,2006
  51. 頸部郭清術後に横隔神経麻痺が疑われた1症例,関 康宏,小川幸恵,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,34(2)213-214,2006
  52. 経鼻挿管が鼻翼に及ぼす侵害性に関する研究,清野浩昭,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,34(1)35-38,2006
  53. 歯科治療に関連した重篤なショック,心肺停止報告200例の検討,伊藤 寛,ほか,日本蘇生学会雑誌,24(2)82-87,2005
  54. 導入直前の心雑音にて全身麻酔を中止した後に重度の大動脈弁狭窄症が判明した症例,清野浩昭,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,33(3)449-450,2005
  55. LPL欠損症患者の全身麻酔経験,伊藤 寛,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,33(3)451-452,2005
  56. 本学歯学部内で施行したCBTとOSCEの成績の分布と相関,山崎信也,ほか,日本歯科医学教育学会雑誌,21(1)47-50,2005
  57. 本学歯学部1学年におけるEarly Exposureの効果,山崎信也,ほか,日本歯科医学教育学会雑誌,21(1)96-101,2005
  58. 総説 急性肺血栓塞栓症,奥秋 晟,山崎信也,日本歯科麻酔学会雑誌,33(1)1-11,2005
  59. Fallot四徴症と主要大動脈肺動脈側副動脈を合併したCATCH22症候群患児の全身麻酔経験,川合宏仁,ほか,日本歯科麻酔学会雑誌,33(1)104-105,2005

最近の主な著書
  1. なるほど統計学とおどろきExcel統計処理(改訂第8版),山崎信也,医学図書出版,2017
  2. 知りたいことがすぐわかる高齢者歯科医療,小谷順一郎,砂田勝久 編集,山崎信也,永末書店,2017
  3. 歯科におけるくすりの使い方 2015-2018,金子明寛 編集,川合宏仁,デンタルダイヤモンド,2014
  4. 判例からみた医療安全(初版),小林 馨,ほか 編著,山崎信也,川合宏仁,わかば出版,2014
  5. なるほど統計学とおどろきExcel統計処理(改訂第7版),山崎信也,医学図書出版,2013
  6. 歯科麻酔学(第7版),金子 譲 編集,山崎信也,川合宏仁,医歯薬出版,2011
  7. スタンダード全身管理・歯科麻酔学(第2版),小谷順一郎 編集,山崎信也,川合宏仁,学建書院,2011
  8. 歯科におけるくすりの使い方 2011-2014,佐野公人 編集,山崎信也,川合宏仁,デンタルダイヤモンド,2010
  9. こんな事故が起こったらポケットブック「トラブルVSリカバリー」,山口秀紀 編集,山崎信也,デンタルダイヤモンド,2010
  10. なるほど統計学とおどろきExcel統計処理(改訂第6版),山崎信也,医学図書出版,2008
  11. デクスメデトミジンの使い方-基礎と応用-,武田純三 監修,小板橋俊哉 編集,川合宏仁,真興交易医書出版部,2007
  12. ME機器のリスクマネジメント,EMERGENCY CARE 2005年新春増刊号,阿久津功 編,奥秋 晟,山崎信也,メディカ出版,2005