学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 口腔感染免疫学

講座紹介

口腔感染免疫学[口腔病態解析制御学講座]

沿革及び特徴

口腔微生物学免疫学に関する教育と研究を担当しています。将来の歯科界を担う歯科医師の養成を考えた場合に微生物免疫学に関する知識の修得は必要不可欠なものです。従来から、一貫して教育には大きな力を注いできました。講義内容は常に更新して時代の要請にあった内容で授業を展開しています。また、教室員の活発な研究活動が優れた教育をおこなうための条件であると考えて、微生物学免疫学の研究も精力的に進めています。その成果は、国際的な学術雑誌や国際学会などを通じて世界に向けて発信しています。


研究テーマ
  1. 口腔微生物による嚥下性肺炎に関する研究:ヒトの口腔内に常在する微生物は嚥下性肺炎の有力な原因となります。しかし、それらの微生物がどのようなメカニズムで肺炎を起こすかは明らかになっていません。我々は歯周病原性細菌を中心にして、どのようにして嚥下性肺炎がおこるかを最新のテクニックを用いて研究を進めています。
  2. 歯周病原性細菌に対する宿主の免疫応答に関する研究:歯周病原性細菌が歯周病をおこす重要なメカニズムの一つに炎症性サイトカインの産生を誘導することがあります。しかし、その産生メカニズムに関して未だに不明な点が多くあります。我々は、種々の歯周病原性細菌を使用した実験システムでその詳細なメカニズムを明らかにする研究を進めています。
  3. 骨粗鬆症治療薬による顎骨壊死に関する研究:骨粗鬆症患者が骨粗鬆症治療薬を服用した場合に副作用として顎骨壊死がおこることがあります。しかし、詳しい発症メカニズムは不明です。我々は、口腔細菌の顎骨への感染を骨粗鬆症治療薬が増悪することがこの壊死の原因となる可能性を考えて研究を進めています。
  4. 口腔カンジダ症の発症メカニズムに関する研究:口腔カンジダ症は高齢者やAIDS患者などに多く認められる口腔感染症です。我々はすでに口腔内に定着したカンジダを剥離させるタンパク質性の因子が唾液中に存在することを報告しています。現在は、口腔カンジダ症に対する新たな抗菌因子の開発をさまざまな実験システムを応用して進めています。

構成員紹介
清浦 有祐 キヨウラ  ユウスケ 教授
玉井 利代子 タマイ リヨコ 准教授
小林 美智代 コバヤシ ミチヨ 講師

所属学会・団体名
  • 国際歯科研究学会
  • 歯科基礎医学会
  • 日本免疫学会
  • 日本細菌学会
  • 日本老年歯科医学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 日本口腔感染症学会

2018年度 学会・研修会における講演及び参加記録
  • 5月2日 茨城県珂北歯科医師会主催 院内感染防止対策講習会にて講演(茨城県那珂市)清浦有祐
  • 5月5・6日 第3回一般教養・基礎社会医学系教員のためのカリキュラムプランニング ワークショップ参加 玉井利代子
  • 6月16日 第65回奥羽大学歯学会にて発表「アレンドロネートによる細胞傷害とIL-1β放出の増加(玉井利代子、小林美智代、清浦有祐)」
  • 6月16日 第65回奥羽大学歯学会にて発表「日本医学教育学会主催「カリキュラム・プランニングワークショップ」参加報告(玉井利代子)」

最近の国際誌掲載論文
  1. Extracellular galectin-1 enhances adhesion to and invasion of oral epithelial cells by Porphyromonas gingivalis. Tamai R, Kobayashi-Sakamoto M, Kiyoura Y. Can J Microbiol. In press.
  2. Gastrointestinal colonisation and systemic spread of Candida albicans in mice treated with antibiotics and prednisolone. Kobayashi-Sakamoto M, Tamai R, Isogai E, Kiyoura Y. Microb Pathog. 117: 191-199, 2018.
  3. Alendronate augments lipid A-induced IL-1β release and Smad3/NLRP3/ASC-dependent cell death. Tamai R, Kiyoura Y. Life Sci. 198: 8-17, 2018.
  4. Etidronate down-regulates Toll-like receptor (TLR) 2 ligand-induced proinflammatory cytokine production by inhibiting NF-κB activation. Hojo K, Tamai R, Kobayashi-Sakamoto M, Kiyoura Y. In press.
  5. Porphyromonas gingivalis gingipain-dependently enhances IL-33 production in human gingival epithelial cells. Tada H, Matsuyama T, Nishioka T, Hasegawa M, Kiyoura Y, et al PLOS ONE 10:1371, 2016
  6. Innate immunity to Candida albicans. Kiyoura Y, Tamai R. Japanese Dental Science Review. 51 : 59- 64, 2015
  7. Porphyromonas gingivalis gingipain-dependently enhances IL-33 production in human gingival epithelial cells. Tada H, Matsuyama T, Nishioka T, Hasegawa M, Kiyoura Y, et al PLOS ONE 10:1371, 2016
  8. Innate immunity to Candida albicans. Kiyoura Y, Tamai R. Japanese Dental Science Review. In press, 2015.
  9. Candida albicans and Candida parapsilosis rapidly up ? regulate galectin - 3 secretion by human gingival epithelial cells. Tamai R, Kiyoura Y. Mycopathologia. 177 : 75 - 79, 2014.
  10. Amphotericin B up ? regulates lipid A - induced IL - 6 production via caspase - 8. Tamai R, Sugamata M, Kiyoura Y. J Dent Res. 91 : 709 - 714, 2012.
  11. Candida albicans enhances invasion of human gingival epithelial cells and gingival fibroblasts by Porphyromonas gingivalis. Tamai R, Sugamata M, Kiyoura Y. Microb Pathog. 51 : 250 - 254, 2011.
  12. Alendronate regulates cytokine production induced by lipid A through nuclear factor- κB and Smad3 activation in human gingival fibroblasts. Tamai R, Sugiyama A, Kiyoura Y. J Periodontal Res. 46 : 13 - 20, 2011.
  13. Effects of nitrogen - containing bisphosphonates on the response of human peripheral blood mononuclear cells and gingival fibroblasts to bacterial components. Tamai R, Sugiyama A, Kiyoura Y. J Oral Biosci. 52: 268?274, 2010.
  14. Porphyromonas gingivalis with either Tannerella forsythia or Treponema denticola induces synergistic IL - 6 production by murine macrophage - like J774.1 cells. Tamai R, Deng X, Kiyoura Y. Anaerobe. 15 : 87 - 90, 2009.
  15. Alendronate augments interleukin - 1 β release from macrophages infected with periodontal pathogenic bacteria through activation of caspase - 1. Deng X,  Tamai  R,  Endo  Y,  Kiyoura  Y. Toxicol Appl Pharmacol. 235 : 97 - 104, 2009.
  16. Characterizing the specific coaggregation between Actinobacillus actinomycetemcomitans serotype c strains and Porphyromonas gingivalis ATCC 33277. Suzuki N, Nakano Y, Kiyoura Y. Oral Microbiol Immunol. 21 : 385 - 391, 2006.
  17. Genotypic identification of presumptive Streptococcus pneumoniae by PCR using four genes highly specific for S. pneumoniae. Suzuki N, Yuyama M, Maeda S, Ogawa H, Mashiko K, Kiyoura Y. J Med Microbiol. 55 : 709 - 714, 2006.
  18. Discrimination of Streptococcus pneumoniae from viridans group streptococci by genomic subtractive hybridization. Suzuki N, Seki M, Nakano Y, Kiyoura Y, Maeno M, Yamashita Y. J Clin Microbiol. 43 : 4528 - 4534, 2005.
  19. Real-time TaqMan PCR for quantifying oral bacteria during biofilm formation. Suzuki N, Nakano Y, Yoshida A, Yamashita Y, Kiyoura Y. J Clin Microbiol. 42 : 3827 - 3830, 2004.