学部・大学院

講座紹介

化学[生体材料学講座]

沿革及び特徴

【昭和47年(1972)】
本学創立と共に進学課程化学教室として設立され、西沢佶教授, 鶴岡信三教授, 千葉盛人助教授, 梅沢喜夫講師でスタートしました。

【平成15年(2003)以降】
講座再編に伴い、生体材料学講座化学分野となりました。歯学における専門知識の理解・修得のために必要な、基礎的な知識・計算技術を習得させること、さらに、生命現象や、物質の変化を、分子機構的に考える素養を身に着けさせることを、教育指針としています。現在は、阿部匡聡講師、斎藤昇太郎講師が在籍しています。


主な研究
  1. 口腔癌細胞の浸潤に関与するプロテアーゼの発現制御
  2. 口腔癌細胞における副甲状腺ホルモン関連タンパク質の発現制御
  3. 均一液液抽出法を用いた簡便な分離濃縮・計測法の設計
  4. 生体材料を用いた固相抽出剤の開発

代表的な論文
  1. Inhibitory effects of 1,25-dihydroxyvitamin D3 and 9-cis-retinoic acid on parathyroid hormone-related protein expression by oral cancer cells (HSC-3). Abe M, Akeno N, Ohida S, Horiuchi N J. Endocrinol. 156, 349-357, 1998.
  2. Induction of collagenase-2 (matrix metalloproteinase-8) gene expression by interleukin-1? in human gingival fibroblasts.  Abe M, Kawamoto S, Okamoto H, Horiuchi N J. Periodont. Res. 36, 153-159, 2001.
  3. ヒト口腔扁平上皮癌細胞(HSC-3)におけるall trans-Retinoic Acidによる副甲状腺ホルモン関連タンパク質発現の抑制. 阿部匡聡, 原元信貴, 伊藤秀文, 堀内 登 J. Oral Biosci. 46, 550-557, 2004.
  4. The proteasome inhibitors epoxomicin and MG262 suppress urokinase-type plasminogen activator expression by human oral squamous carcinoma cells (HSC-3). Abe M, Horiuchi N Ohu Univ. Dent. J. 36, 139-147, 2009.
  5. Dexamethasone suppresses parathyroid hormone-related protein expression by human oral squamous carcinoma cells (HSC-3). Abe M, Horiuchi N J. Oral Biosci. 52, 51-59, 2010.

代表的な著書
  1. 堀内 登, 阿部匡聡 : 第1章 生体成分, 第7章 ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による遺伝子実験. 生化学実習(堀内 登, 加藤節子, 深江 允, 根本孝幸, 佐藤詔子 編) 医歯薬出版 2002
  2. Abe M : Effect of Dexamethasone on Parathyroid Hormone-related Protein Expression by Oral Cancer Cells. In Nadya Gotsiridze-Columbus (ed.), Dexamethasone: Therapeutic Uses, Mechanism of Action and Potential Side Effects. Nova Science Publishers, 2013.
構成員紹介
阿部 匡聡 アベ マサトシ 講師
斎藤 昇太郎 サイトウ ショウタロウ 講師

所属学会・団体名
  • 日本化学会
  • 日本生化学会
  • 歯科基礎医学会
  • 日本癌学会
  • 日本分析化学会
  • 奥羽大学歯学会