学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 口腔病理学

講座紹介

口腔病理学[口腔病態解析制御学講座]

沿革及び特徴

口腔病理学分野は教授河原裕憲により1972年4月本学開学と同時に開設され、その後1976年に斉藤武郎、1989年に山崎(福岡)章、2008年に伊東博司がそれぞれ教授に着任し現在に至っています。

研究として、歯科用レーザー照射による生態組織変化過程の解明、がん細胞浸潤様式の解析、糖尿病が歯周組織に及ぼす影響の解明などを、主に形態学的手法によって行っています。

口腔病理学分野は奥羽大学附属病院の病理組織検査において病理診断を担当し、1年間で約200件の病理診断報告書を提出しています。

教育では3年生前期に病理学総論を講義し、3年生後期には病理学各論として口腔病理学の講義と口腔病理学の実習を実施しています。

主な研究
  1. 歯科用レーザー照射による生体組織変化過程の解明
  2. がん細胞浸潤増殖に伴う組織破壊メカニズムの超微形態学的解明
  3. 糖尿病ラットにおける歯周組織破壊様式の解明
  4. 頭頸部疾患の外科病理学
構成員紹介
伊東 博司 イトウ ヒロシ 教授
遊佐 淳子 ユサ ジュンコ 講師
櫻井 裕子 サクライ ユウコ 講師

所属学会・団体名
  • 日本臨床口腔病理学会
  • 日本病理学会
  • 歯科基礎医学会
  • 口腔科学会
  • 奥羽大学歯学会

その他

主要論文

  1. 腺性歯原性囊胞との鑑別を要した含歯性囊胞の1例.櫻井裕子、遊佐淳子、小澤 亮、伊東博司、赤城陽一郎、浜田智弘、菅野勝也、森蔭由喜、高田 訓 奥羽大学歯学誌 2013; 40: 121-123
  2. 凝固モード炭酸ガスレーザー照射後ラット顎二腹筋の組織変化.加藤美奈、遊佐淳子、櫻井祐子、伊東博司 奥羽大学歯学誌 2012; 39: 43-55
  3. 炭酸ガスレーザー凝固モード照射に対する組織反応. 照射条件が壊死範囲ならびに修復過程に及ぼす影響について  玉村清治、奥山(石坂)典子、櫻井裕子、伊東博司 奥羽大学歯学誌 2011; 38: 9-19
  4. Expression of heat shock proteins, Hsp70 and Hsp25, in the rat gingival after irradiation with a CO2 laser in coagulation mode. Akira Yamasaki, Hiroshi Ito, Yuuko Sakurai, Noriko Okuyama, Junko Yusa, and Ryou Ozawa. J Periodontal Res 2010; 45: 323-330