学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 歯学部 > 講座紹介 > 保存修復学

講座紹介

保存修復学[歯科保存学講座]

沿革及び特徴

歯科保存学講座・修復学分野は旧歯科保存学第一講座を前身として、平成16年に開設されました。歯科保存学には他に歯周病学と歯内療法学があり、大講座制をとっています。

歯科保存学は歯および歯周組織の疾病や形態異常などの病的な状態について、歯を抜去することなく処置し、その歯の本来の形態と機能を回復させることを目的する治療方法に関する学問です。特に齲蝕・破折・摩耗などにより生じた歯の硬組織の実質欠損は自然には治癒しません。保存修復学はこれら自然治癒することのない歯の実質欠損を、その病変の進行を阻止して生体親和性のある人工材料で補填して生理学的機能を回復させるとともに、患者の満足に足る機能性と審美性とを両立する歯冠修復方法を研究する学問分野です。

歯学部での保存修復学に関係する講義は、はじめに第1学年を対象にした臨床歯学概論と歯科医学演習があり、入学間もない歯学部生に対して保存修復学とはどんな学問かを概説します。 また、歯冠修復に関係した簡単な入門実習を実施します。学年が進んで第3学年での保存修復学Ⅰでは歯の治療方法に関する総論を講義します。各種修復方法に共通する原理や技術、とりわけ齲蝕の診断と処置方法、修復窩洞の問題について解説します。さらに第4学年では、保存修復学Ⅱ として各論部分、すなわち各歯冠修復方法の理論と術式について詳しく講義します。また、講義に平行して行う保存修復学実習では、模型上において基本的な歯冠修復処置を実践・経験することで講義での理論を確認します。講義で習得した知識の理解をさらに深めて会得できる実習内容としています。第5学年では、附属病院での臨床実習において実際に診療補助と修復手技を自験することにより歯科医療現場を経験します。診療室での臨床実習および口頭試問における教員との対話から、歯冠修復に必要な知識ならびに将来歯科医師として患者に対峙した際に十分に対応できる品格を備えるように医局員全員で指導します。最終学年である第6学年では、年度末に控えた歯科医師国家試験に向けた臨床総合講義において歯科医師免許取得のためのサポートを行います。


主な研究
  1. 口腔組織と各種レーザーとの相互作用を分子生物学的に検索し、再生療法への応用法を確立するための研究
  2. 歯科材料が細胞機能に及ぼす作用を分子生物学的に解析する研究
  3. 歯科用接着材、接着修復材料および仮封材の性質に関する研究
  4. 歯の漂白と歯質保護に関する研究
  5. 新規化学的―物理学的齲蝕除去剤の開発および殺菌効果に関する研究
  6. PDT(光線力学療法)を応用した齲蝕原性菌の殺菌に関する研究
  7. カテキンによる齲蝕原性菌、軟治性根尖性歯周炎起因菌への殺菌効果に関する研究
  8. 外傷由来破折・亀裂歯に対する処置法に関する研究
  9. 各種歯科用レーザーによる齲蝕除去効果に関する研究
  10. 生体成長におけるアメロジェニン遺伝子およびタンパクの働きに関する研究

構成員紹介
山田 嘉重 ヤマダ ヨシシゲ 准教授
菊井 徹哉 キクイ テツヤ 准教授
小鷲 啓典 コワシ ケイスケ 助手
勝田 拓磨 カツタ タクマ 助手
北原 海 キタハラ ウミ 助手

所属学会・団体名
  • 日本歯科保存学会
  • 日本レーザー歯学会
  • 日本歯科理工学会
  • 日本歯科医学教育学会
  • 東北地区歯学会
  • 奥羽大学歯学会
  • 日本歯内療法学会
  • 東北歯内療法学会
  • 日本小児歯科学会
  • 日本外傷歯学会
  • 日本審美歯科学会

専門医取得者:保存治療専門医
  • 山田嘉重
  • 菊井徹哉