入試情報

HOME > 入試情報 > 特待生制度

特待生制度

本学は、学則の規定に基づき、学力向上を奮起奨励する目的で特待生制度を設けています。


○奥羽大学学則第48条(特待生制度)

本学建学の趣旨により、人物、成績、健康共に優秀な者には、これを特待生として授業料の全部又は一部を免除する制度を置く。

この制度により、平成27年度から特待生の受け入れを行っています。
<特待生入学実績>
平成27年度 歯学部28名、薬学部16名
平成28年度 歯学部28名、薬学部12名
平成29年度 歯学部25名、薬学部22名

特待生の種類及び募集人員

学部 種類 募集人員
歯学部 授業料全額免除 30名
薬学部 授業料全額免除 30名

特待生選抜基準

種類 選抜基準
授業料全額免除 入学試験において各科目の取得点数が80点以上
授業料半額免除 入学試験において各科目の取得点数が75点以上
  • ※授業料全額免除の基準に該当する者が30名に満たない場合は、その基準に準ずる成績の者を授業料半額免除の特待生として合格とします。

特待生継続基準

種類 選抜基準
授業料全額免除 進級試験の成績が80点以上
授業料半額免除 進級試験の成績が75点以上
  • ※特待生の継続は一般学生と同等の進級試験(学内定期試験等)の成績により判定を行います。